精神疾患一歩手前のポーパス&ラガッツのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

でも解いてくのが楽しいンダ 解けたら100倍かもしんない

すぐにラガッツです。こんばんは

鉄拳見に行ってきました!一八カッコよすぎ!
けど結局は仁が最強だったのでムカつきます。
シャオユウとアリサが主人公なのもなんかムカつく。
でも一八がカッコよかったので他は良し!

そしてもう1つムカつくことがありました。
それは映画館についてすぐのことです。

ラ「鉄拳おねがいします。」

店員「鉄拳ですね。次回の上映は17時55分からになりますがよろしいですか?」

ラ「うん、知ってる。早くしろバカ。」

店員「かしこまりました。お席はどこにいたしましょう?」

ラ「なんか見やすいとことかあんの?」

店員「ではこの列の真ん中あたりはいかかでしょう。」

ラ「じゃあそれでいいや・・・ってお前高校んとき一緒だった奴じゃねーか!!

すぐには気付きませんでしたが、そいつは高校でイジめられていた奴でした。

店員「え・・・?」

ラ「え?じゃねーよ俺だよ!覚えてんだろ!?」

店員「……も、もちろんじゃないですかぁ~。」

ラ「ぶっ殺す!!


マジでぶちのめそうかと思いました。
まさかこの僕が同級生に忘れられているなんて…
二度と忘れられない思い出を鼻っ面に叩き込んでやろうか。
まあ話している内に思い出してましたけど。

とにかく癇に障る野郎でした。
くそ…また来週
スポンサーサイト
  1. 2011/09/17(土) 07:50:02|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たった一つ信じるなら戦う意思は揺るがない

もうラガッツです。こんばんは

今日は久しぶりにサッカーをやったよ。
超たのしー。でも超しんどい。
また体力が落ちてきたかな。
復活させたいです。

この前寝過ごしたせいで行けなかったので一昨日日本橋に出動してきました。
漫画を12冊とDVDを2本買いました。
ついでにDVDレコーダーも買おうと思ったのですが、カバンに入らないし手持ちの金が足りなかったので断念しました。
近いうちにもう1回攻めてきます。

『すもももももも』の最新刊が出てたので買いましたがやっぱりおもしろいですね。
読んだ事の無い方の為にあらすじを説明すると、
武術家同士の人間離れした戦いに主人公が巻き込まれていくのですが、
実は主人公の孝士君はおそるべき才能を秘めた武術家という設定です。
しかしもう10巻になるのに一向にその才能が開花されません。
もうちょっと早く強くなるもんだと思ってましたよ。
未だにその片鱗を垣間見させたのは虎の一族の長との戦いの時だけですからね。
今まで出てきた敵は100%ヨメのもも子が倒してます。
でも今回の巻でようやく動き出しましたね。
強さの秘密も明かされたし本格的に修行が始まりましたからね。
早くかっこいいとこが見たいです。

それから話のメインである干支をつかさどる12の武術一族の勢力図も変わってきましたね。
今までは東軍と西軍に分かれて戦っていましたが、
「猿藤」一族の企みのせいで全ての武術家が「犬塚」と「九頭竜」の2つを潰そうとしています。
ここの長2人は超人なので半端なことじゃやられることはないと思いますが、
見てると数が多すぎてさすがに勝てないんじゃないかと考えてしまいます。
考士君の友達がいる「虎金井」と「巳屋本」まで敵に回ってしまいましたからね。
主人公チームで頑張ってもらいたいです。

これからの展開にとても期待しています。
今楽しみな漫画ナンバー1かもしれませんね。
でも1番かっこいいのは半蔵君だと思います。弱いけど。

やっぱり漫画を読んでる時が最高に幸せだなー!
よーし今年は200冊を目標に買っていくぞー!

それじゃあまた来週!
  1. 2008/07/01(火) 02:49:11|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

言葉は感情を裏切るから流れた雫だけがtruth

普段はラガッツです。こんばんは

今日は仕事帰りでくそ眠いのに会社のバカの送別会があります。
めんどくさいにも程がありますよ。
ほんとに気持ち悪い忍者みたいな奴なので騒ぎにまぎれて殺してしまおうと思います。

それはどうでもいいとして、鉄拳オンラインを始めました。
これはマジでおもしろい。
今までほとんどポーパスさんやドッグスターとしか対戦できなかったので、
毎回違う相手と戦えるというのは非常に新鮮で楽しいです。
ウイニングイレブンとはうってかわり、順調に勝ち進んでいけるのもまた嬉しいです。

そして戦って得たバトルポイントの合計でランキングがきまるのですが、
上位から順番に称号があたえられるのです。
僕は現在2級です。まだまだって感じですね。
しかし3番目に強い『武神』を倒す事に成功しました。
その上にある『龍王』『鉄拳王』にはまだであったこともありません。
鉄拳王に至ってはこの世に10人しかいないそうです。
おそらく相当の使い手なのでしょう。
今現在のチャンピオンは韓国人なので、そいつを殺すことを目標に頑張ろうと思ってます。

やっぱりどんなものでも対人戦は燃えますね。
それが家で出来るようになったとはすごい時代です。

ああ、そろそろ時間がせまってきたよ・・・
もう宴会をめちゃくちゃにしてやりたい気分ですよ。
反物質でも生み出してやろうか。

とりあえず今回はさよならですわ。
それじゃあまた来週~
  1. 2008/06/02(月) 15:50:28|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それがいつかしがらみになってくなんて

なんともラガッツです。こんばんは

ここ最近で何本か話題の新作ゲームが発売されましたね。
もう相当長い間エロゲーをやっていない僕ですが、気にはなっています。

まずポーパスさんとドッグスターが待望していた『CHAOS;HEAD』。
連続猟奇殺人の予言が主人公のもとに送られてくるといった結構グロイ系の話です。
ドッグスターはNitro+のファンということもあって早速プレイしている様です。
僕は基本恐いのに弱いのでこれもやると割とビビるかもしれません。
しかしまああの『沙耶の唄』を越えることはないでしょう。
あれはほんとに恐グロかった。でもすげーおもしろかった。

それと同じく彼等注目の『11eyes』。
これはLassの新作なんですが、数年前に『3days』というゲームがあったんですよ。
3daysは発売前に僕が発見し、これはかなりおもしろそうだ、と思ったものです。
そしてドッグスターにも教えて、2人でプレイしていたんですが、
彼のあまりの無限プレイのせいでどんどん先を行かれてしまい、
おまけに登場する殺人鬼の仮面野郎のあまりのびっくりさせる攻撃に嫌気がさし、投げ出しました。
その後ポーパスさんもプレイしているので、一応全員やったことになります。
今作が3daysとどういう関係を持つのかは分かりませんが、
タイトルの形式からしても何か深い関連があるような気がします。
あっても僕にはわかりませんがね。

そしてきゃんでぃそふとからは『つよきす2学期』。
つよきすといえば今や誰もが知る超有名ソフトですよね。
あれが発売されたのももう3年前・・・
当時学生だった僕はいつものようにTECH GIANを読んでいました。
そしてつよきすの特集ページに目がとまったのです。
「こ、これは・・・」
僕の心に謎の衝撃が走りました。
その衝撃が何だったのかは未だに分かりません。本当に分からないんですよ。
基本僕はストーリー派なので、こういう楽しい学園生活系のゲームはやらないんです。
しかしこれだけは異様に脳にはりついて、はなれなかったんですよ。
なので僕はHPなどもチェックしだしました。
そしてOPムービーが配布され、それを見た時に全ては終わりました。

「な・・・なんて楽しそうなんだ・・・」

それは今までの衝撃が赤子に思えるほどの衝撃でした。
その稲妻を僕に走らせた要因はただ2つ。
カニと曲です。

それまでは結構乙女さんがいいなーなどと思っていたのですが、とんだ勘違いでした。
カニの愛くるしさは殺人レベルでした。
もうカニ以外どうでもいいやって感じでしたね。

そしてOP曲の「Mighty Heart」。
最高に心を躍らせるメロディ、そして恐るべき中毒性。
やはりI'veは半端じゃねえ、と痛感しましたね。
その日から発売日までムービーの曲だけ取り出して無限ループで通学中に聴いてました。
何を隠そうこのサイトの名前もこの曲のサブタイトルから来てますからね。そんくらい好きなんですよ。

この2つの要素が組み合わさったOPムービーは僕にとって神でした。

そして発売日当日・・・
僕はその謎の衝撃を信じて、つよきすを購入したのです。

自分でも信じられませんでした。
まさかこんなものを買うことになるなんて、と。
実際友人のとも君にも「買ったのかよ!」と驚かれたもんです。

でも僕の直感は正しかったんです。
まさかあそこまでおもしろいとは思いませんでした。
アホみたいにプレイしてガンガンクリアしていきましたからね。
初日なんてもうカニルートを攻略してた以外に記憶はありません。
これは本当に最高のゲームでした。

で、話は戻るんですが、それの続編がでたんですよね。
でも結論から言います。買いません。
なぜなら・・・

シナリオも原画も違う人になってしまったからです。

あのなぁ・・・
ナメんじゃねえぞ!!
かなり絵は似てるけどカニっちが全然可愛くねえんだよボケ!

ほんとに最初聞いたときは絶望でしたよ。
またあの楽しさが味わえると思ったのに・・・
ほんとにやってくれました。
向こうの事情も分かっていますが、それでも許しがたいですね。
もう2度と楽しいつよきすには会えないんですから。



と、いうことで僕的には新作はどれもパッとしないという結論で終了したいと思います。
長々と語っておいてこれかよって感じですけど仕方が無いです。
また素晴らしい新作がでるのを待ちましょう。

それではさようなら。
  1. 2008/05/02(金) 05:35:32|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

私がここにいる さいわいを歌うよ

つまるところラガッツです。こんばんは

もう限界です。
更新しろやボケが!!
いつまでたってもする気ないみたいなんで僕が変わりに更新します。

今日はついに『痛覚残留』を見てまいりました。
前回の大波乱もあってか、今回はとてもスムーズに到着することができました。
なので早速感想を。


やっぱりすげーよ。
死ぬ程おもしろかった。
なんつーかあの雰囲気がたまりませんね。
1時間という短い時間なのにとても長く感じられます。
見ている間は完全にあの世界に取り込まれていましたよ。
これはマジでこの先も期待せざるを得ない。

内容についてですが、今までは1,2章と短い話でした。
なので1時間でも十分に再現できていました。
ですが今回の『痛覚残留』は原作で言うと1章と2章を足したくらいの長さがあります。
本当に大丈夫なんだろうか、ということはやはり考えてしまいました。
でもやればできるもんですね。
正直ほとんど違和感も感じませんでした。
つーかほんとは2時間やってんだろ?と思わせるほどの濃厚さでした。
最近はアニメ化とかでも尺の問題でカットしまくってて不快感バリバリですからね。
これほど見事に再現してくれてとても感動しました。
次章の『伽藍の堂』も短い話なので問題ないでしょう。

しかし

『矛盾螺旋』はどうする気なんだ・・・
あれはさすがに1時間でどうにかなる話じゃないと思うんだが・・・
だって原作で言えば1、2、3、4章を全部足しても到底及ばないほどの長編なんだぞ・・・
僕が1番好きな章だけに期待と不安がつのります。
頑張ってくれよufotable!

という事で第三章の感想を終わります。

そういえば皆のなかにTYPEMOONファンの方はいらっしゃるんですかね?
いるなら熱く語り合いたいな。
言っておきますが僕は全銀河の中で1番このブランドを崇拝していますよ。
それはまた今度語りますけど。

んじゃそういうことで、また来週~
  1. 2008/04/29(火) 23:13:14|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

ある日の掲示板

掲示板

プロフィール

ポーパス&ラガッツ

Author:ポーパス&ラガッツ
僕は・・・熱をとりもどす


何かご要望があればこちらまで→takahiro.legal@hotmail.co.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (190)
黄金時代 (6)
小説っぽいの (12)
レビュー (20)
体験談 (34)
キチガイ日記 (9)
画像付き (24)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすさと商品

>

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。