精神疾患一歩手前のポーパス&ラガッツのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

独り頼りなく背伸びしてみるユートピア

これからがラガッツです。こんばんは

今日は日本橋に買い物に行きました。
僕の楽しみのひとつです。
そこでついに買いましたよ、ビデオカメラ。
何か中学くらいから言ってたような気がしますがついに実現です。
これで前準備は整ったってわけだぜ!

しかし今日はいっぱいものを買ったね。
カバンが爆発するかと思ったよ。
毎度毎度なのでリュックにものを効率良く詰めるのが天才的になってきました。

僕は普段興味ないものには全く金を使わないんですが、
ここぞというときは鬼のようにつぎ込みます。
「飲み会があるから1人5千円な」、とか言われたら
「は?寝言は寝て言えコエダメ野郎。」といいますが、
「JAM PROJECTのサイン色紙は只今大変貴重で5万円となっております。」と言われたら
「全員分下さい。」と言える男です。
そんな時のために僕はひたすら金を溜めてきたんですよ。

そして早速ポーパスさんと色んな動画を撮って遊びました。
なかなかおもしろいことになりそうです。
心霊スポット検証も近々決行しようと思います。
楽しみにしとけよ!スパーキン!
スポンサーサイト
  1. 2008/01/31(木) 00:00:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がお

こんばんわ。ポーパスです。

昨日は羽賀研二と将棋をする夢を見ました。正直意味不明です。
私は寝ると必ずと言って良いほど夢を見るのですよ。
きっと眠りが浅いんでしょうね。それ以外原因は考えられませんし。

夢って不思議ですよね?
なぜあんなにすぐ忘れてしまうのでしょうか。
儚くてもろいもの、それが夢ですよね。
現に「儚い」って漢字が物語ってますよね。人の夢ですから。

夢は一度自分が見た景色しか出てこないと言います。
それは現実に見た景色と心の中で思い描いた景色です。

これって本当なんですかね。
それは科学的に解明されているのかも知れませんが、
なんかこれだけは科学で解明できないで欲しいです。

というのも夢ってまったく自分の記憶にない場所が出てきたり
人が出てきたりするじゃないですか。(思い出せないだけでしょうが)
まったく未知のものを見るのも夢の魅力だったりしますからね。
まあ、あくまで私個人の意見なんですけどね。

私も今日朝起きた瞬間すごく変な気分でしたよ。
なんとも形容しがたい感情を抱いてしまいました。
けど最近これが朝起きるときの楽しみになってたりします。

変ですか?
そうですね。変ですね。
まあ私、変態ですからね。仕方ないんですよ。
もう三日連続で女性専用車両に乗っているぐらいですから。
クク、クククク、くけけけけけけけ。

ええ、変態の何が悪いっていうんですか。
これが私のアイデンティティですよ。
侵害する権利など誰にも持ち得ないのです。

願望とかもいっぱいありますよ。
もちろん変態願望ね。
女子トイレの中に全裸で突入とか。
やってみてえ。
この世に刑法と体裁が無かったらやってたかも。

しかし隠しているだけで誰しも変態願望は持っていると思いますよ。
私なんかまだまだマシの方ですし。他にもっとすごいのがいますよ。
スカトロとかさ。ちなみにラガッツさんはスカトロ好きって聞きました。
ドッグスターって奴からね。みんな覚えておきましょう。

よっしゃ。書くことねえ。
ネタも無いのによくこんなに書けましたね。
いやあ、すごいよポーパス君。万死に値するよ。

じゃ、こんな感じで。
また来週。
  1. 2008/01/30(水) 00:31:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

君の大切な思い出にどうか私もいますように

くしくもラガッツです。こんばんは

昨日は始めての泊り込み勤務でした。
18時間労働ってやつです。
いやー、さすがにしんどいね。
途中で今まで見たことないくらいでかいパンを買ったけど半分捨てましたよ。
まあでも休み増えるしいいか。

噂によるとBasiLが復活したそうですね。
BasiLといえば「それは舞い散る桜のように」などの名作を連発した超有名ブランドですよ。
社長と社員の意見の違いで2003年にぶっ潰れて、
そのスタッフのほとんどが独立してNavelというブランドを作ったんです。
Navelになってからも『SHUFFLE! 』『Soul Link』のように、
すごい人気の作品を生み出してますよね。
『SHUFFLE』は『Fate』と同時発売だったせいでちょっと埋もれた感ありますが。

じゃあBasiL復活ってことはNavelのスタッフがつくるのか?
それとも全く新しいスタッフを雇ったのか?それは僕には分かりません。
期待して待とうと思います。

さっきでてきたSHUFFLEだけどアニメはおもしろかったです。
ラガッツとともくんイチオシです。
あれはいつやってたんだっけな。
高校んときWOWOWでやってて録画して見てたような気がします。
ただポーパスさんは絶対に見るべきではないですね。
なぜならSHUFFLEにはかの有名なヤンデレ、「芙蓉楓」がいるからです。
いまやこの世界でヤンデレと言えば言葉と楓でしょう。
あいつの暴走っぷりには相当びびらされました。
子供の頃のアレはやりすぎですよ。
でも僕は楓がかなり好きです。だっていい奴じゃないか。
2階からカッター落とされようが模型を壊されようが、いいんです。
あいつは中学の時にちゃんと気付いたんですから。
でも高校になってまたバグってたか・・・

つーか今気付いた。
僕はCROSS†CHANNELの冬子が好きです。(軽く曜子ちゃんも)
それで楓が好きだったら実はヤンデレ属性なのか・・・?
いや、大丈夫。そんなことは無いはずだ。
シアも好きだぞ。大丈夫だ。

とりあえずそんなことはありません。また来週。大丈夫


ヤンデレ大全 (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA)ヤンデレ大全 (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA)
(2007/08/29)
不明

商品詳細を見る
  1. 2008/01/29(火) 14:22:57|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何処に行けば苦しみを愛せる?

こんばんわ。ポーパスです。

昨日のラガッツさんの日記の通り、ついに私たちのブログにとも君が現れたようです。
それにしてもすごいですね。どうやって見つけ出したのでしょうか。
いずれにせよ凄まじい嗅覚力です。こちらとしても感服せざるを得ません。

とも君と私はもう17年の付き合いになるのでしょうか。
幼稚園から一緒でしたので。思えば長いものですね。
とはいえ、もうかれこれ4、5年は会ってないですが。
彼が今どんな姿をしているのかも皆目見当がつきません。
まあメッセとかで極たまに連絡を取っているぐらいですからね。

彼は私がオタク路線に走っていることに驚いていました。
私は高校2年生ぐらいまではそういう類のものとは無縁でしたので。
今までそういう素振りも見せてなかったので、まあ無理は無いかなとは思いますが。

しかし私自身の本質は変わっていないですよ。昔のままです。
ただ私と言う自我同一性に新たに「桂言葉」という人物が加わっただけであって。
本質は変わらず、その本質の上にプラスアルファでオタク路線と言うものが加わっただけです。


はい。何を言いたいのか解らなくなりました

まあ、いいでしょう。
伝えたいことはただ一つ、プロになって活躍してくださいということです。
それが私たちの切なる願いなんですよ。そこんところだけ理解してくれたら結構です。

私は絵のことは一切わかりませんし、絵心など皆無です。
その私が客観的に見て、これはすげえな。巧いな。この絵好きだなっていう風に感じるのです。
おそらくそう思っているのは私だけではないと思います。
だから大丈夫です。私たちはこれからも温かく見守っていきたいとおもっています。
ですのでみなさんも応援しやがれこのクズ野郎ども!マスばっかかいてんじゃねえ!

ゴホン。
じゃあ短いですが今日はこの辺で。

ちゃお
  1. 2008/01/27(日) 21:48:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

支えてくれる人がいて 夢を見ることができるから

きびしいラガッツです。こんばんは

今日は僕の親友を紹介したいと思います。
何度か話には出てきたと思いますが、「北原ともえ」という奴です。
僕達はともと呼んでいます。

何で紹介しようと思ったかというと、このブログを発見されたからです。
なかなかの索敵能力ですね。正直びびりました。
悪口とか書いてたら友達を失うところでしたね。

でもそんな心配はありません。
なぜなら彼は僕の誇りだからです。
彼と出会ってもう15年になります。
ポーパスさんと出会った年と同じですね。
簡単に言うと小学校1年生の時3人とも同じクラスだったんですよ。
小学校の話はしだすと無限にあるのでまたの機会に。

ともは今は絵師を目指して修行中です。
まあ僕らから見ればもうすでにうますぎるんですけどね。
でも自分ではまだまだと言っています。
絵が見たいという方はリンクを貼りましたのでそちらから是非1度覗いてやってください。

ラガッツはともがどこかのブランドに就職するのを何より願っています。
だってそんなことになったら相当やばいですよ。
僕は彼が成功したらマツタケでも食わしてやろうと思っているんだ。
頼むぜ、相棒。

僕の尊敬するしずかちゃんのお父さんが、
のび太のことをこんな風に言っていました。

「彼は人の幸せを願い、不幸を悲しむ事のできる青年だ。
 そしてそれが1番大事なことなんだよ。」

これ以上ない名言です。
昔からずっと心に刻んでいるこの言葉も今ならよく分かります。

願わくば、ともが成功しますように・・・
そして福原愛ちゃんがくたばりますように・・・

                                    終わり


うたわれるもの 散りゆく者への子守唄 コミックアンソロジー VOL.2 (DNAメディアコミックス)うたわれるもの 散りゆく者への子守唄 コミックアンソロジー VOL.2 (DNAメディアコミックス)
(2007/03/24)
不明

商品詳細を見る


後お前らこれ買え。とものカラーイラスト入りじゃ。
  1. 2008/01/27(日) 02:50:31|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰かに背中を押されないと、出せない勇気もある!

こんばんわ。ポーパスです。

今日、ふと思ったことがあるのです。
よくクリスマスになると海遊館とかでサンタのダイバーがいますよね。
サンタの格好をした奴が水の中で魚達と戯れるあれです。

みなさんはこのサンタの名前を知っていますか?
サンタダイバーっていうらしいんですよ。
なんかサンダーライガーみたいですよね。獣神のね。
いや、それだけです。すいません。

昨日ラガッツさんがオナホールの事を書いていました。
実は私、一年前ぐらいにホールを引退しているのですよ。
理由は特にありません。ただ嫌気がさしたのです。
なぜかある日突然ホールに対する嫌悪感が芽生えたのです。

大人になったのでしょうか?
きっとそうに違いないと私は思っております。
具体的かつ完結に言うと、刺激が足りなくなったのです。
まあ、単に飽きただけなんですけどね。けけけ。


ていうかさ、今日さ、書くこと無いんですよ。
そんなときはどうすればいいんでしょうか。
何かすごく申し訳なくなってきます。

ま、いっか。

前回頑張って2回書いたので許してちょ。
ごめりんこ。

じゃあまた来週。







この一時間後、彼は新たなオナホールを求め、旅立ったのであった
  1. 2008/01/26(土) 00:01:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この世界中がワンダーランドなネバーランド

かつてのラガッツです。こんばんは

皆さんは部屋にエアコンはついていますか?
僕は1年半ほど前に引越したんですが、前の家の部屋にはついていませんでした。
そして窓が2つあるんですが西日が当たる時間帯には
部屋の中が最高47℃を記録するという異常地帯だったのです。
でもそんな僕の部屋にもヒーターはありました。
何か中のオイルを暖めて熱くするやつです。
ハロゲンヒーターっつーんだっけな。
こんな感じですね→参照
これのおかげで冬は暖かく過ごせていました。

はなしは570度変わります。
皆さんはオナホールを買ったことがありますか。
僕はあります。(ちなみにポーパスさんもあります。)
高2の時に友達と3人で買いに行ったのが思い出ですね。
その時に買ったものは貫通式のちくわみたいなやつでした。
当時はそれで何度も天国に昇ったものです。

そして物語は動き出します。
うろ覚えですが、その日僕はいつものようにホールを使い満足していました。
事を終えた後、強い虚無感を感じながらブツを洗い、
そのあと適当にそこら辺に置いたまま忘れてたんですよ。
それからしばらくしてそのことを思い出し、片付けなきゃ、と思いました。

そして僕は見てしまったんです。

ハロゲンの上でスライムの如くとけているマイホールを・・・

あの時は笑しかでてきませんでした。
間違いなく日本でただ一人の体験です。

ヒーターの電源を切り、固まったスライムをペリペリとはがし、
ぷるぷるしたりハサミで切ったりして遊んでましたね。
楽しい時間でした。


時は流れ2008年
昨日の出来事ですよ。
そのストーリーを思い出し、苦笑すると共に再びこの衝動が沸いてきました。
(もう一度ホールを買うのもおもしろいな。)
僕はこう考えた時の行動の早さには定評があります。
あれよあれよと言う間にホールを買うことにしました。
何でも選ぶ時間というのは心が躍るものですね。
沢山あるホールを見て回るのはとても子供心をくすぐりました。
そして最終的に2つのホールが残りました。
(この2つの内どちらかしかありえない。)
そりゃあ悩みましたよ。
どっちも神の造ったアイテムに見えるんです。
片方はまったりとした感じのもの。
もう片方は刺激が強そうなものでした。
まったりの方は少し値段が高く、刺激の方は安めでした。
僕はサイフの中身を見て最後の決断を下しました。

こうして2つのホールを買ったラガッツの顔は、久しぶりに見せる笑顔だったということです。
  1. 2008/01/25(金) 03:25:03|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この世に生まれたからただなんとなく生きる、俺にはそんな生き方耐えられない

それは私が働いてる職場での出来事だった。

夜の7時頃、私は仕事に一段落がついて約6時間ぶりのタバコを吸いに行くところだった。
毎日毎日客からのクレームの嵐で、溜まりきったストレスをタバコによって払拭しようと考えていた。
私はデスクから立ち上がり、冷蔵庫からコカコーラを取り出し、外に向かった。
この職場は全面禁煙なのでいちいちビルの外に出なければならないのだ。
初めのうちは面倒くさくて仕様がなかったが、慣れると外の空気を吸えることが一種の楽しみになってきた。
とにかくあの職場は不快度指数が高すぎる。何とかならないものなのか。
あれこれ思案しながら私はエレベーターの下のボタンを押した。
すると後ろから私を呼ぶ声が聞こえてきたのだ。なんとも慌しい声である。

「ポーパスさん!大変です!!」
後ろを振り向くと中肉中背の、ひげの濃い一見30代の男が小走りで私の方に向かってきた。
私はその男の態度をみて、これはタバコは後回しになりそうだな。そう確信した。
「一体どうしたのだ、堀内君」
その男、堀内は乱れた呼吸をなんとか落ち着かせようと大きく深呼吸し、改めて私のほうに向き直った。
「実は、明日の講義で使用するテキストが一冊しかないんです!」
「な、何ぃ!!」
私は急いで職場へと戻った。

私はとある予備校で講座運営の仕事をしている。
講座のスケジュールを編成したり、テキストやレジュメの管理をする仕事だ。
その他、雑務は色々あるが、もう2年目になる。堀内は私の数ヵ月後に入社してきた。
私より年上なのだが礼儀正しく、そして萌え、というものをよく理解している、ただのクズだった。
そんな堀内も、今年で24歳になる。

話が逸れたので元に戻そう。
今回の事態の概要はこうだった。
1.明日使用するテキストが一冊しかない。
2.テキストを発注しようにも夜なので業者に連絡できない。
3.発注し忘れたのは堀内である。
ざっとこんな感じだった。
要約すると堀内は自分の責任を私に押し付けてきたのであった。

「ど、どうしたらいいですかね。ポーパスさん」
私はとりあえず思い浮かぶことを全部実践してみることにした。
「よし。とりあえずは余っているテキストがないか倉庫に探しに行ってみよう」
私たちはテキスト類一式を保管してある大きな倉庫に向かった。
倉庫の中は20畳ぐらいはある大きなフロアで、そのなかに溢れんばかりのテキストが保管してある。
私たちは倉庫の中に入り、解ってはいたが気の遠くなるような現実を目の当たりにした。
「おいおい。こんな中から一種類のテキストを探すなんて無謀だろうよ」
「大丈夫ですよ。きちんと分類わけされているから」
「ごめん。ボケてたよ」
そして私たちは数冊のテキストを探し始めた。

10分ほど経つと、私は大きなキャビの一番上にそれっぽいダンボールを見つけた。
「なあ、堀内。これじゃないのか?」
「そうですかね。いっぺん見てみますね」
堀内は背伸びをしてそのダンボールに手をかけた。

その時だった。
ダンボールの中にある無数のテキストが堀内の頭上に流れ込むように落下していったのは。
そのときの堀内の姿が実に滑稽だった。
まるでダンボールという桶でテキストという水を浴びているようだったからだ。
「だ、大丈夫かー!堀内!」
「ええ。大丈夫ですよ。慣れてるんで」
「これが初めてじゃないのかよ!!」

その後、一通り探したのだが目的の物は見つからなかった。
私の脇に途方にくれた堀内がいる。先輩としてなんとかしなくてはならない。
それから暫らくしてからだった。私の頭に雷鳴が轟いたのは。
「これだ・・・」
「え?何か思いついたんですか、ポーパスさん」
「よし、堀内。今すぐ他の支社に電話をするのだ。他の支社なら余っているかもしれん」
「なるほど!その手がありましたか!今すぐ連絡を取ります。ガッテン承知です」
「いらんことはいわんでいい。しかしこれで大丈夫なはずだ」

私たちはすぐさま他の支社にテキストが余っていないか電話を入れた。
正直これが限界の策だった。これで駄目ならもう諦めるしかない状況だった。
そして私たちが電話を掛け終わったと同時に、万策は尽きたようだった。
「駄目です。他の支社も余っていないようです」
「駄目か・・・しかしまだ、まだ策はあるはずだ!」
「もう無理ですよ、ポーパスさん。ここは諦めて明日責任を持って謝りますよ」
「諦めるんじゃない。諦めた時点で負けなのだ」
「し、しかし・・・」
「言っただろう。俺は、俺の国を手に入れると。お前だけは同じだと思っていた。お前だけは・・・」
「わ、わかりました!まだ諦めません。最後まで頑張りましょう。ポーパスさん!」
「よし。じゃあとりあえず明日の講義の指示書を見せたまえ」

指示書とは講座の準備をするための社内文書、いわゆる通達である。
私は心に不安と焦燥感が翳る中、その指示書に目を通した。
そこにはつらつらと講義の内容の指示が列記されている。

私は驚愕した。
ある部分を見た瞬間。
不安と焦燥感は怒りへと変わった。
その私の姿を堀内がおぼろげな瞳で見つめている。
これほど怒りに満ち溢れた日は無かった。

それはB4用紙でできた指示書の一番右端に書かれた部分だった。
そこにはこう書かれていた。思い出したくも無い。

1月26日、と。

「おい。堀内今日は何日だ?」
「え?今日は25日でしょ?」
「今日は22日だボケが。だから俺達がやっていたこともとんだ無駄骨だったんだ」
「あ、あれぇ~。か、か、勘違いしてました。はは、ははははっ!」
「はははははっ!!」






バキィ!!
  1. 2008/01/23(水) 19:00:35|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑木林 ~The キリン~

こんにちわ。ポーパスです。
昨日は更新できなくてすいません。
今日は休みなのでゆっくり更新します。
昨日は仕事が終わって夜11時半ぐらいに帰宅すると
即、ドッグスターからのお誘いがありました。

モンハンやろうぜ、というお誘いが。
正直だるかったのですが行きました。
最近私も上達してきたみたいで楽しくなってきました。

昨日はドッグスターと天と地というクエストをやりました。
金レイアと銀レウスを2匹いっぺんに倒さないといけません。
しかも場所は大闘技場っていう。鬼のようなクエストですよ。
まあクリアしたんですが、クリアしたときの達成感は半端無かったです。

やっぱりこのゲームが流行ってるのはきっとこの達成感ですよね。
強いモンスターを倒した時の達成感。みんな一丸となって協力して倒す楽しさ。
ホントにすばらしいゲームですね。すげーよカプコン。

カプコンってすごいですよね。数々の名作を生み出しています。
ただし名作ばかりではありません。中には当然駄作も存在します。
その駄作のうちの一つに、この間であったのです。

そう、クロックタワー3ですよ。
なんだありゃ。なめやがって。
ラガッツさんの日記にも書いてましたが途中までは面白かったのです。
一作目二作目のファンである私たちをワクワクさせる展開だったのですよ。
バロウズが出てきたりさ、シザーマンが出てきたりさ。面白かったんだよ。

けど、ラストが終わってました。
正直意味不明です。死ねよカプコンって感じでした。
今までの苦労が一気に水泡に帰すようなエンディングでしたよ。

こんな風に終わるんだったらせめてアリッサのパンチラぐらい見せてくれたっていいじゃんか。
そうすれば、「ストーリーはクソだけどパンチラがいいゲーム」として評価されたのに。

まあいいか。
クロックタワーはゴーストヘッドで終わったということで。
それでお終いにします。ていうかクロックタワーやったことある奴いるのか。

ではまあこんな感じで。
今日は二回更新します。でないと数が合わないので。
じゃーね!
  1. 2008/01/23(水) 16:22:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さな鞄へと詰め込んだ思い出 僕達の青いSeason

終わり良ければ全てラガッツです。こんばんは

今までは割とメジャーな歌詞をタイトルにしてきたんですが、
前回のはやりすぎました。
鉄人兵団です。分かった人は胸を張っていい。
ていうか毎回日記の内容にあった歌詞を見つけ出すのが結構大変です。
もう今日ので何気に31曲目ですからね。
誰もタイトルを気にしてなかったら悲しいな。

歌で思い出した。

最近ポーパスさんが「姉、ちゃんとしようよ」を見た、とかほざいてましたね。
あれのオープニングテーマ、何気に良くないか?
かなりの電波ソングなんですけど、サビとかがすごくいい。
やっぱI'veは電波ソングも強いね。
このサイトのタイトルとかもそうだけど。
電波でもメロディがしっかりしてるんだよ。

思えばI'veとの出会いも随分昔になりますね。
あれは今から5年程前でしょうか…
僕の友人、まあこいつなんですけど。
彼はこの頃からヘビーなI'veファンだったんですよ。
当時はよく彼の家でGOFとかメルブラとかやりながらI'veの曲を聴いてました。

ごめん、中学生とかには全く理解できない話になってるかもしれん。

最初の頃は何を聴いていて、どの曲が好きだったか、今でもよく覚えています。
まず多分1番最初に衝撃だったのが『同じ空の下で』ですね。
これは今でも確実にベスト3に入るくらい好きです。
あの頃はただ単に曲に惹かれていたのですが、
それがきっかけでやった「家族計画」というゲームのおかげで、
この曲に半端ない愛情が生まれました。
同様にこのゲームのED曲、『philosophy』という曲、
これはあの頃から5年間、未だに1度も越えられる事のない
私的ランキング1位の怪物曲となっています。
当時中学の頃から1位だったBabyFaceの『Simple Days』すらも凌駕しました。
家族計画の話は語り出すと一生止まることがないので今回は割愛しますね。

それから『Feel in Tears』。これもやばいです。
サビのハーモニーの美しさはピカイチですね。
まず単純にKOTOKOの声がやばすぎるんですよ。
皆さん聞いてて思った事ないですか?
KOTOKOが自分で3和音くらいでハモった時の音はもう機械の音のように聞こえます。
神からもらった宝としか言い様がないですね。
僕が聴いた歌声の中ではナンバー1の声質です。
それを当時1番実感したのが『Princess Bride』という曲。
この曲のサビがまさに機械音。人間業じゃありません。
ニコニコ動画でこれのMADが登場した時はびびりましたね。
しかも今でも再生数8位とかですからね。これです→http://www.nicovideo.jp/watch/sm280671

そしてよもや『鳥の詩』を知らない人はいないでしょう。
名曲中の名曲、不動の人気No1曲ですね。
アニメ、ゲームソング全ての中でずば抜けて知名度も人気も高いんじゃないでしょうか。
ただ僕はこの曲の良さに気付くのに少々時間がかかりました。
最初の頃は完全に前の『Feel in Tears』とかの方が好きでした。
でもある日を境にこの曲のやばさに気付いたんです。
やっぱ完成された美しさがあるよね。

それから他によく聞いてた曲は、
『Close to me...』 『Dream to new world』 『Face of Fact』
『hearts of hearts』 『I can't get over your best smile』
『One small day』 『prime』 『Second Flight』 『Shooting Star』
『Wing my Way』 『風の辿り着く場所』 『涙の誓い』
などですね。やっべ、なつかしすぎる。
古くからのI'veファンならニヤリとする曲ばかりではないでしょうか?
全部ものすごくいい曲なので皆さん探して聴いてみてください。
ほんとなつかしくなってきた。今聞きながら書いてます。
もう抜けた人の曲も結構あるなー。見てる中に分かる人いんのかな。

つーか曲数多いね。多すぎますよ。
僕が持ってるのは昔の曲が多いので最近の曲はあまりありません。
手元にあるので100曲くらいですかね。
今多分全部あわせたら400曲くらいはあるんじゃないですか?
2~3年前からアニメとかにも使われる様になりましたからね。
ゲームの曲は今でも結構知ってんだけどなー。

最近で言うと
『allegretto ~そらときみ~』 『Imaginary Affair』
とかはかなりのお気に入り。この辺は皆さん知ってますよね?

やっぱりこうして思い返すとI'veにはかなり思い入れがあります。
これからもずっといい曲を作っていってほしいですね。
僕もずっと追いかけて生きたいと思います。

ちょっと長くなりましたがこれで今回はお別れにします。
バイバイ。
  1. 2008/01/22(火) 04:13:08|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どれだけ涙を流せば、あなたを忘れられるだろう

コンバンワ。ポーパスです。

このサイト、最近になってたくさんの人に見られるようになって来ました。
非常に喜ばしいことですね。こんな意味不明なサイトなのに。
ここを立ち上げてからもう4ヶ月が経とうとしてます。
早いものです。思えばよくこんなにも続いたな、と言う感じです。

まあ、自分達の思ったことを書いていくだけなのでネタは尽きないかもしれませんが。
しかしこのまま日記だけを書いていったとしたら、グダグダに終わるような気がしてならないです。
それだけはなんとしても避けなければならない。と言うことで考えたのが企画でした。
自分達で実際にアクションを起こして刺激を与えればもっと楽しくサイトを運営できる、そう思ったのです。
以上につきましては先日の日記にも書かせてもらいました。

では具体的にどういった企画をやるの?と言った質問が飛んできそうです。
これについて当日まで秘密にしておこうと思ったのですが、第1回目なので発表します。


記念すべき第1回企画は・・・・・・・・


「心霊スポット検証~ポーパスとラガッツが幽霊と遊んできます(仮)~」


で、行きたいと思います。
私たちが住んでいる町に大きな公園があります。
そこに首吊りの名所があって、そこに幽霊が出るらしいのです。
ですので実地調査に打ち出したいと思います。
きっと面白いと思いますので、楽しみにしておいてください。

ただ、いつになるかはわかりません。
いまはまだ準備しているところですので。
ですので、くどいですがラオシャンロンぐらい首を長くしてお待ちください。

では今日はここまで。また来週。
  1. 2008/01/20(日) 16:51:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

私が不思議

後を見ればラガッツです。こんばんは

今日は高石のヤクザみたいなおっさんと戦う、という事件があったのですが、
別にたいしておもしろくないと思うのでカットします。
開幕直後より鮮血乱舞、烏合迎合の果てに名優の奮戦は荼毘に伏す、
廻せ廻せ廻せ廻せー!

分かる人は天才です。

ポーパスさん相変わらずぶっ飛ばしてますねー。
最近勢いで押されてる気がします。
でもこのまま終わるラガッツではありません。
そろそろ決着をつけてもいい頃なんでね。
来週あたりドッヂボールで対決するつもりです。
岩崎さん超つえーよ。

『この前思ったことを思ったままに述べるコーナー。』
地球は重力で中心に引っ張られてるんですよね?
それはもう決定してることなんでしょうか?
科学的に照明されてるんですかね?
それともニュートンとかいうおっさんが言ったことを、
それが1番正解っぽいな~と皆納得してるだけなんでしょうか。

まあそれはいいとして、思ったこと。
まず地球に上から下まで一直線に穴を空けます。
団子に串を刺す感じですね。これは1メートル程の幅で結構です。
そしてその穴に勢い良くお尻からダイブします。
するとどんどん中心の方に落ちて(引き寄せられて)行きますよね?
さて、ここからが問題です。
そしてそのど真ん中に到達した時、一体どうなるんでしょう。
フワフワと浮いたまま止まるんですか?
それともぺしゃんこになって潰れるんでしょうか。
全く想像できません。
実際には出来ないことなので、永遠に謎のままかもしれません。
真ん中のほう暑そうだしね。

そろそろ時間におびえ出しました。
更新時間を見れば分かると思いますがかなり深夜です。真也ですよ。
明日も早番だっちゃ☆
最近は次の日早番でもあんまり恐れる事がなくなりました。
いいことですね。この調子でどんどん睡眠時間を削っていきたいです。

とりあえず今日はここまで。
良い子の皆はちゃんと真也アニメ見てから寝ろよ?
それじゃあまた来週。
  1. 2008/01/20(日) 02:18:36|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう二度と届かないこの想い、閉ざされた愛に向かい叫び続ける。

最近金を使いすぎのポーパスです。こんばんわ。

今日は仕事の休憩時間のときにソフマップに行きました。
そこで「SchoolDays」のPS2版と、「つよきす」を買いました。
ただし、これらのソフトは買ったもののプレイするのはまだまだ先でしょう。
気付けばすでに積みゲーがたくさんあって、すべてプレイするのにはどれだけ時間がかかるのやら。
皆目見当もつきませんが、購入しているのは全部名作なので楽しみにしています。

まぁね。ゲームをやらない人にとってはお金がもったいないとか言われそうです。
それがどうした。これが私の人生なのだ。とやかく言われる筋合いは無い。

最近になって、よくテレビで秋葉原のオタクが取り上げられています。
「オタクは一体趣味にどれだけお金をかけているのか」、といったお題目で。

テレビの取材を受けたオタクたちは趣味にこれだけの額を使っている、と言って驚くほどの額を打ち明けます。
そのテレビ番組を見た一般人はどう思うかというと揃って、バカだな、と思うでしょう。
これが一般人の受けた率直な印象だと思います。

しかし私はそうは思わない。
自分が一生懸命働いたお金を趣味に費やすことの何処が悪い。
別に誰の援助も受けていない。まあこれがニートとかだったら話は変わりますがそれはおいといて。

オタクを批判する奴らに声を大にして言いたい。
なんとかしてわかって欲しいのだ。
批判されようがどうされようが知ったことじゃない。

いいか。よく聞け。









桂言葉は俺の嫁だ

  1. 2008/01/18(金) 19:37:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

君のハートはマッハで翔る白いジェットの様に自由で

実はラガッツです。こんばんは

今さっきポーパスさんとクロックタワーをクリアしました。
後半の展開はとてもおもしろかった。
バロウズ家やシザーマンがでてきたとこ、
おじいちゃんが1番悪い奴だったとこなどはびっくりしました。

ただ

あの終わり方はありえない

全く何も盛り上がることなく終わりました。
僕もポーパスさんもテンション下がりまくりでした。
やっぱりヒューマンじゃないと駄目だね。もう倒産したけど。

それと今日はスクールデイズのPS版の発売日でした。
かげながら応援バナーを貼っておきました。
ポーパスさんは大のスクールデイズマニアなので当然買ってくるでしょう。
レビューを楽しみにしましょうね。

僕も今プロジェクト中の企画の為にでかい買い物をすることになりそうです。
最高に馬鹿らしく、かつ楽しい内容になると思いますので、
ブロントサウルスくらい首を長くしてお待ちください。

それじゃあよい夢を、また来週~
  1. 2008/01/18(金) 06:49:06|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一緒にしたうんこ 一人きりで流す

ポーパスですこんばんわ。
今日ね、あることを疑問に思ったんですよ。
何かというと、メイドブームです。メイドがなぜあんなに流行っているのか?

一体いつからでしょうね。
ここ数年で爆発的に流行して、メイドカフェたるものまで出来上がってしまいました。
初めに何かのゲームが大流行して、それがメイド系だった?
そう考えるのが一番妥当でしょうが、ではそれは何?、と聞かれると思い浮かばないですね。

メイド系のゲームって今になって増えてますけど、昔ってそこまで無かったですよね?
私はつい2年前にオタクになったのでそのへん疎いんですよ。ええ、クズですよ。
とりあえず私が思い浮かぶのは「パルフェ」と「ショコラ」だけです。戯画のね。
他にもあると思うんですけどちょうどメイドブームが到来する前に発売だったんで。
そうなのかな~って、思ったのですよ。誰か知ってる人いないですかね。
知ってる人がいたら手を挙げて死んでください。お願いします。

正直ね。
メイドっていいんですか?萌えるのですか?
「お帰りなさいませ、ご主人様」という決まったフレーズ聞いても何も楽しくない。
何の性欲も湧かない。それがどうした、という感じです。
従順に尽くしてくれるメイドがいても嬉しくないじゃないですか。
それならもっと過激に性奴隷とかの方が良いですよ。間違いない。
まあ人それぞれ価値観は違うのでどうこう言う筋合いは無いと思うのですよ。
しかしメイドだけは絶対に認められないです。

あ、けど例外はあります。
メイドでも好きなキャラがいますよ。メカ翡翠とかね。
だけどそれはメイドであるからではなくその内面に引かれたのですよ。

なんか僕がいってることは矛盾してるようで矛盾してます。
それがどうした!矛盾なんてどうって事ねえよ!いちいち細けぇんだよ!!

はいそしてごめんなさい。
冷静さに欠けてましたね。最近イライラしてるんですよ。生理ですね。
中国に、セイ・リーって名前の人いるんですかね。もしいたらケチャップをブッカケたいですね。


話は大きく変わりますが昨日ラガッツさんと企画を立ててました。
もちろんこのサイトのですよ。そろそろ何か起こさないとね。
駄文だけを書いてても面白いんですがやっぱり刺激が欲しいと思いましてね。
近々アップできると思いますのでユニコーンぐらい首を長くしてお待ちください。

では今日はこんな感じで。
また来週。






さて「ショコラ」でもやーろぉっと♪
メイドに萌えるぞーーー!!!
  1. 2008/01/16(水) 18:54:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今夜だけは譲れない

えもいえぬラガッツです。こんばんは

もうすぐ出社なのですばやく更新します。

この前すごいことを思い出しました。
あれは小学校3~4年生の時です。
その頃の僕は友人に自分のことをこう話していました。

「僕は月の王子なんだ」、と。

何を思ってこんなことを言ったのかは分かりませんが、
最初に言った時からずるずると引っ張って結構長い間このポジションを得ていました。
自分でも言っているうちに本当に王子なんだと思っていきました。

そして今になってようやくその意味がわかったのです。
僕がそう言うのはとても当たり前なことだったんです。
分かりますか?この意味が。
単純な話です。
王子の相手は何ですか?
そういう話だったんですよ。

そう、今夜はこんなにも月が綺麗だ―――
  1. 2008/01/15(火) 13:19:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偶然ほど恐ろしいものは無い。

ポーパスです。はい。すいません。
昨日パソコンがバグってネット使えませんでした。
全国10万人のファンの皆様にお詫び申し上げます。

それで、前回の日記なんですけど。
物語の構成もせずに思いつきで書いたのでわかりにくかったかもしれません。
つーか、まだまだですね。もっと面白いものが書けるように精進します。

ああ、今日も特に書くことも無いのです。
最近ネタが無さ過ぎて困ります。

そういえばこないだ、仕事が終わった後、先輩と一緒に飲みに行きました。
梅田にある隠れ家チックな居酒屋だったのですが、なかなか料理もおいしくていいところでした。

私たちは4人ぐらいで、色々仕事のこととか話してたら隣の席に妙な雰囲気が漂っていたのです。
真っ先に気付いたのは私の横に座っていた先輩で、私に目で、「おかしい」ということを訴えてきました。
他の2人はまだ気付いていません。
私はそれを見た瞬間思わず吹き出してしまいました。
何かというと、年齢はちょうど40歳半ばぐらいのおっさん二人が見つめ合って手を握っていたのです。
「ゲイだ」、私は一瞬で今隣で起こっている事態を把握しました。
こんな光景を間近で見るのは初めてだったので最初は笑っていたものの直に寒気がしてきました。
若い男同士の同性愛ならまだしも、二人ともおっさんだったからだと思うのですが。
そして私は男の先輩をトイレに連れ出し、作戦会議をすることにしました。
飲みにきた4人の内2人は女性だったので、何とか気付かれない様に終わらせたかったのです。
あの2人が気付けば必ずこの飲み会は終了する、下手したら発狂するやも知れない。
あんなものを見たら必ず気持ち悪がってすぐにお開きになるに違いない。
この事態を改めて重く受け止めた先輩は、私と協力して気付かれない様に努めると言ってくれました。
作戦の内容はとにかく横を見ないように話しをしまくって、気を逸らせるというものでした。
あまりトイレに長居すると不自然なので3分ほどしてから、席に戻りました。

席に戻ると、この飲み会は終了していました。
女性2人が明らかにさっきと態度が違うのです。
「終わった。」、私と先輩は心の中でそう悟りました。
女性2人とも気持ち悪がって吐き気を催したような表情です。
あまりにひどかったので、私たちは店を出ることになりました。

店を出てからすぐに1人の女性が私に話しかけて来ました。
「・・・・・してた」
声が小さかったので聞き取れませんでした。
そして改めて聞きなおしたのです。
「キス、してた・・・」

私は驚きすぎて脱糞しました。
同時に大きく笑ってしまったのです。
するとその女性は怪訝な顔で私を睨み付けました。
私は即座に謝り、そしてその状況を教えてもらいました。
キス自体は軽いものだったらしいのです。
しかし、なんでも片方の1人がその女性の前の職場の尊敬する上司だったとの事。
だからそんな姿を見てしまったから、ショックで気分が悪くなってしまったらしいです。
そして結局、そのまま解散になりました。

偶然ってあるものなんですね。
しかも最悪の偶然。
「世の中知らないでいいことのほうが多い」
という言葉がありますが、その真理を如実に表した出来事だったといえますね。

じゃ、今日はこんな感じで。また来週。
  1. 2008/01/14(月) 15:05:05|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私は歩き出す 小さな傘を胸に

やぶからぼうにラガッツです。こんばんは

今日は仕事終わってから朝の8時くらいまでポーパスさんと遊んでました。
ポーパスさんは今年もなかなか本気です。
ゲーム買いすぎと言っても過言ではないでしょう。
アトラクナクアは渋いね。いいセンスしてるよ。
しかも「Fate」と「ショコラ」「Phantom」
それから「吸血殲鬼ヴェドゴニア」も買ったって言ってたかな。
何かまだあったような気もするけどそんな感じ。
非常に馬鹿です。

そういや昨日は雨が降ってたんだよね。
家出た時は降ってなかったんだけど、関空についたらじゃじゃ降りだった。

僕はいつも金を無駄遣いしない為と凛奈に追いつく為に、
バスには乗らないで歩いているのは知っているかと思います。
バスは片道200円もするので往復すると1日400円かかってしまうんですよ。
でも昨日は傘を持ってなかった。天気予報見てなかったもんで。

僕はとても困りました。
この雨じゃとてもじゃないが歩けない。
でも200円払ってバスに乗ると自分の道から外れるんじゃないか?
それはお前が最も嫌う行為じゃないのか?

答えはすぐに出ました。
僕には凛奈を裏切る事はできない。
考えるまでもないことですよね。
迷いを振り切ったその時の僕はとても美しい表情をしていたはずです。

そうして僕は500円の傘を買って歩き出したのでした。
  1. 2008/01/13(日) 00:47:12|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この空が、消えてなくなるその日まで・・・

みなさんこんばんわ。

今日は変な夢を見ました。
なんか最近夢日記みたいになってきていますね。
けどそんなことは関係ないです。

私は夢の中で女の子になっていました。
その夢は、朝目覚めるところから始まりました。

目が覚めるとヨーロピアンな雰囲気を醸し出した、大きな部屋のベッドの上でした。
その部屋の大きさは、軽く20畳ぐらいの大きさがあります。
わたしはまだ覚醒しきっていない頭で、眠さを堪えながら起き上がりました。
少し眩暈を覚えましたが、両の足を踏ん張って、なんとか立つことができました。
耳の奥で比較的速く、鼓動が脈打ってるのが聞こえます。どうやら貧血気味のようです。

少しボーっとしていると、下半身が妙に肌寒いことに気付きました。
見ると、驚くことにパジャマのズボンだけでなく、パンツさえも穿いてないじゃありませんか。
しかもさらに驚いたのは、ちんちんが付いていないことです。
いつもあるものが無い、私はその事実に初めは驚きましたが、徐々にそれが興奮に変わっていきました。

どうしよう。
穴がある。無いはずの穴があるんだ。
いやっほぉぉぉい!!!
私は2秒ほど考えて、まず穴に指を突っ込みました。

ズブリ。
こ、これは。
今までに感じたことの無い興奮が私の脳内に送られてきました。
はぁはぁ、はぁはぁ。
私はすっかり味を占めてしまい、長い間行為に没頭してしまいました。

そうこうしていると、母親と思しき人物が部屋に入ってきました。
スレンダーボディで白い肌、ショートカットの髪に整った顔立ち。
30代前半に見えなくも無い、美しい貴婦人でした。
母は「朝ごはんできたわよ。下に下りてらっしゃい。男の子は大事にね」とだけ私に言って、すぐに下に下りていきました。最後の質問だけ意味不明すぎました。頭がおかしいのでしょう。

私は着替えることにしました。
着替えを探していると、入り口のドアの側の壁に、セーラー服が掛かっていました。
自身の体格等を勘案すると、どうやら私は女子高生のようです。
その事実にもまた興奮しました。

そして着替えを済ませて部屋を出ようとすると思わぬ事実に遭遇したのです。
ドアの横に大きな本棚があり、そに収納されている本が、すべてBL(ボーイズラブ)系でした。
女子高生であるとともに腐女子でもあったのです。悲しい思いをしたのを覚えています。
同時にさっき母親が言った言葉も理解できるのでした。

次の場面では朝食のシーンがすっ飛ばされ、一気に学校の校門を歩いているところでした。
私は特に何も考えずに歩いていると、後ろから声を掛けられました。
振り向くと、いかにも委員長風の、眼鏡をかけた地味な女の子がいました。

「ねぇねぇ、暁子(あきこ)。今日の数学の宿題やった?」

夢世界の私の名前は「暁子」というそうだ。
私はぶしつけな態度で、やってない、とだけ答えました。
するとその女の子はなぜか気分が高揚したようで、走って去っていきました。
その女の子が全力疾走だったのがやけに笑えました。

ここから先もまたまたカットがあり、いきなり放課後になっていました。
夕日が教室に差し込んでいて、ノスタルジックな雰囲気に包まれました。
そんな中、私はどこか複雑な気持ちを抱えながら、帰り支度を済まし、教室を出ようとしました。

その時です。
私の後方から、男子生徒の声が聞こえてきたのです。

「ねえ。よかったら今日一緒に帰りませんか?」

私はその言葉に恋の予感を感じて、後ろを振り向きました。
そこには一匹のキモヲタがいました。ここでは仮に名前を「辻本」としておきましょう。
私はその事実に憤りを感じ、「黙れ、死ね、クズ、キモヲタ」、と毒を吐きました。
すると辻本は、罵られたのにもかかわらずなぜか嬉しそうでした。きっとMなんでしょう。

私は喜ぶ辻本をおいて、さっさと帰路に着きました。
ある程度の距離を歩いていました。おそらく10分ぐらいは歩いていたのではないでしょうか。

そこで私は、ふと異変に気付いたのです。
「誰かに見られているような気がする・・・」

気付くのが遅すぎたようだ。後ろを振り向くと、もうそれとの距離は5メートルも無い。

それを見た瞬間、私の体は一瞬でフリーズし、全身に冷や汗が流れている。
完全に思考が停止している。

ようやく思考が動き出したのは、腹部にちくり、とした痛みを感じた時だった。
私の中に何か冷たいものが侵入して来ると同時に、何か温かいものが噴き出している。

血、だった。

ナイフで刺されたのに気付いたのは数秒を経過してから。
私の意識は徐々に薄らいでゆき、視界が霞がかっている。

とうとう私は、その場に仰向けに倒れてしまった。
「これは私、助からないな」
そう、思った。しばらくすると意識が途切れるであろうことが直感的にわかったからだ。

私の前で、それがおぼろげな瞳で真っ赤に染まった自身の手を見つめている。
私はもう死ぬ間際だというのに、妙に冷静になっている。
最後の力を振り絞って、声にならない声で、それに一つの疑問を投げかけた。


「ねぇ・・・どうし・・て・・・こんなことを・・したの?・・・・・・・・・お母さん」


母親は私の返り血で真っ赤になった体を見つめながらこう言った。

「あなたが母さんの忠告を無視するからよ。」
ひどく乾いた声だった。


そういえば朝、母さんに言われたことをたった今思い出したよ。

「男の子を大事にね。」

私の意識はそこで途切れた。



ここでポーパスは目が覚めました。
ひどく悲しい夢だった。一人のキモヲタをなじって傷つけてしまいました。
あの時母親の忠告を聞いていれば、こんなことにはならなかったのです。

母親が異常であることにいまさら否定はしません。
しかしあの時ああしていれば、という思いが頭の中でぐるぐると駆け巡ります。
やがて激しい自己嫌悪に陥ったポーパスは、二階の部屋の窓から身投げし、自らの命を絶ちました。





~じゃあどうやってこの日記を更新してるの?~

 「PCを使ってですよ。」


~なんで日記の更新するの?~

 「私の無念を知ってもらうため。」


~あなたはどうして生きているの?~

 「ついさっき、この世に生を受けたから。」


~あなたは誰?~

 「私は暁子」







この物語は、フィクションです
  1. 2008/01/11(金) 23:36:45|
  2. 小説っぽいの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秘密のくすりが思い出の沖へとはこぶよ

百人乗ってもラガッツです。こんばんは

すんません、また更新が翌日になってしまいました。
最近仕事の終了時間がやばいんです。分かってあげてください。
ポーパスさん。こんな日にも気にせずサイクルで更新してくださいね。
今月末から泊り込みの勤務も入るのでまた増えると思いますんで。

一昨日の日記にコメントが来てたね。
やらせと広告以外では初じゃないかな?
ありがとな、ハム造。

こないだ日本橋に一人で斬り込んだんだですけど、知らないおばはんに
「あけましておめでとうございます」
と2回言われた。
1回目は無視したんですけど、さすがに可哀想になって
2回目は僕も会釈しました。
多分僕が忘れてるだけか、向こうの勘違いでしょう。
そう思った僕は漫画を10冊程とCDを1枚買い、帰宅したのです。

今年のブームも「買う」だぜ!
よっしゃ仕事行ってこよ!
  1. 2008/01/11(金) 13:06:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて今年一発目のゲームは・・・

200801091514000.jpg



こいつにしようと思っています。
今日購入しました。テンションが上がって写真撮ったんですが画質悪いです。
画質が悪くても僕は悪くありません。だから謝りません。悪いのはこの腐った世の中です。

このゲーム、かなりの神ゲーだと聞きますがどうなんでしょうか。
早速プレイしてみるぜ。ああ、ゾクゾクしてきやがった。

それにしてもゲームを自分の稼いだ金で買ってプレイするのはいいもんですね。
子供の頃を思い出しますよ。
少ない小遣いを貯めて欲しいゲームを買う。
そしてそのゲームを徹底的にプレイするというのが私の子供時代の一番の楽しみでした。

しかしながら最近はP2Pソフトというものが普及し、
いつでも無料でゲームや音楽をダウンロードできるようになりました。
非常に残念でならないです。

確かに便利だとは思います。
趣味で音楽を聞くにしてもゲームをするにしても、あらゆる方面に手を出せるので色んな世界観を覗けます。
今まで知らなかった知識が身についたり、まったく新しい価値観が生まれたり。

ただそれに依存しすぎてしまうと本来のモノの価値が下がってしまうような気がしてなりません。
私はそれが嫌なのです。
製作者が汗水たらして作った努力の結晶が何の対価もなしに無料で手に入る。
これは製作者に対する一種の冒涜ではないでしょうか。失礼にも程があります。

・・・言い過ぎました。
かくいう私もP2Pソフト使ってます。
てへっ☆
これから俺っちのことを偽善者ってよんでくれてもかまぁねぇよ、嬢ちゃん。

まあ、けどこう言った以上はこれからは一切使用しません。
きちんとお金を払いますよ。ホントですよ。

え?だからホントだってば。
いやいやいや、ホントなんですって!
信じてくださいお願いします足の裏舐めますから。


はい。ネタないです。
さてどうしよう。
よし。アレをしよう。


皆さんこんばんわ。ポーパスです。


自己紹介忘れてたのでしてみました。
ははは。
じゃあまた来週。
すいません!次こそは!!
  1. 2008/01/09(水) 15:58:48|
  2. 画像付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人の心まで簡単に盗まないで

いの一番にラガッツです。こんばんは

やっぱり東方の曲はやばいね。
友達から花映塚と風神録のサントラをもらってあらためて思った。
どの曲がいいとかじゃなくて全てが完成されている。
この男は本当に天才かもしれないです。
ゲームをやると解説があるんですが、
全曲にとても深いイメージをもって作曲されてます。
だからこそ伝わるものがあるんでしょうね。

皆さんはZUNさんの曲は何が好きですか?
有名どころでいうとやっぱり
『ネクロファンタジア』
『恋色マスタースパーク』
『人形裁判』
『UNオーエンは彼女なのか』
とかですかね?
ていうか今分かったけど有名どころが多すぎて4つでやめたよ。
これらの曲は僕も大好きです。

そして僕のイチオシは、
『風神少女』
『ヴォヤージュ1969』
『上海紅茶館』
などですね。はい、あげきれません。

夏コミ新作の風神録ですが、今回も鬼曲が盛りだくさんですよー。

まずはSTAGE1のBOSS曲 『稲田姫様に叱られるから』
テンポがよくノリノリな感じの曲です。
序奏からメインパートに入るところがやたらとかっこいい。

次にSTAGE3の曲 『神々が恋した幻想卿』
これぞ東方という曲ですね。
主旋律の美しさは圧巻。ZUNまるだしです。

同じくSTAGE3のBOSS曲 『芥川龍之介の河童』
不思議なメロディの曲ですが寂しくもあり、激しくもあります。
1番盛り上がるところのフレーズが無敵ですね。

少し飛びますがラスボスの曲 『神さびた古戦場』
さすがにラストでしかもボスが神様ということもあって、
威圧感ある重い曲になっています。
しかし後半になるにつれて戦いの激化のような流れから
べらぼうにかっこいいメジャーパートにはいります。
今作の僕の1番のお気に入りの曲です。

そしてEXの 『ネイティブフェイス』
間違いなく名実共に今回最高の名曲でしょう。
スピード感あふれるその和風のメロディはもはや芸術です。
転調もバチッときめ、終始勢いが止まることなく貫き通します。
歴代の名曲達に恥じぬZUNさんの伝説になるでしょう。

と、いう風に今回だけでも厳選に厳選にしてこんだけの名曲があります。
ほんとはもっとあるんだけど、僕的にこれだけは絶対はずせないってのを書きました。
また機会があったら音楽家の僕が紹介したいと思います。

東方文花帖 ~ Bohemian Archive in Japanese Red東方文花帖 ~ Bohemian Archive in Japanese Red
(2005/08/11)
書籍編集部

商品詳細を見る
  1. 2008/01/09(水) 00:36:45|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もぉー!お兄ちゃんのバカー、クズ、うんこ、害虫、クラミジアー!!

みなさんこんばんわ。ポーパスです。


文字を大きくしたのには意味はありません。
ただそういう気分だったのです。

大きくなりたい。

これが私の中学校のときの夢でした。
私はとても身長が低いのがコンプレックスでした。
なんせ中学校のときは身長が140センチぐらいしかなかったので。
背が低かったらバカにされますし子ども扱いされますからね。
ちんちんと一緒ですね。すんません。

しかしあるとき身長のことなど関係ない、小さくてもいいと開き直るようになりました。
ちょうどそれは高校に入学した頃でした。
この頃からです。私の身長が急激に伸び始めたのは。
140センチぐらいから急に170センチオーバーになったのです。
伸びすぎですよ。中学の友達とかに会ったらまず、でかっ!って言われてましたからね。

何が言いたいのかというと、つまるところ開き直りなんだと思います。
何事にも恐れず開き直って生活しているといずれは自分の嫌なとこも改善されていくものなんですよ。
一概には言い切れないかもしれませんが、大抵の事は開き直りでなんとかなるんじゃないですかね。

ここで言う開き直りはいい意味での開き直りですよ。
自身のコンプレックスに捕らわれることなく生きていく。
自身のそれを武器にして生きていくといった意味ですね。


話は大きく変わります。
今日電車に乗っているときにこんなせりふを思いついたんです。

「べ、別にあんたのために私を殺した責任とってもらうんじゃないんだからね!」

どうです。
『ツンデレィド』っていうんですよ。
とってもとっても可愛いでしょう。
こんなことを思いついたおかげで今私の脳内は月姫一色ですよ。

そんでこの新しい概念を職場にいる堀内君に言ったんですよ。
もうこれで三回目の登場になる堀内君ですよ。

ポ:「なあ堀内。ツンデレィドってどうかな?かわいくない?」
堀:「はぁ?なんですかそれ?意味わかりませんよ」

その時、
私の右手は堀内の喉元に突き刺さっていた。
ごぼごぼという音とともに堀内は意識を失っていく。
ほんの2秒ほどで堀内は肉塊へと変化してしまった。

堀内の思いも。無念も。想い出も。
もうここにはない。

哀れなものよ。
月姫を知らないなど愚の骨頂。
万死に値する。

気付けば堀内の体は卍型に折れ曲がっている。
それはまさに赤い水を吐き出し続けている、壊れたスプリンクラーの様だった。


~続く~
  1. 2008/01/08(火) 00:41:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傷つきながら進化を続けてる 血に飢えた刃の罠

不思議とラガッツです。こんばんは

昨日ポーパスさんが帰った後寝てしまいました。
一生の不覚ですね。
二人でツンデレ狩りをしすぎたんでしょうか。
最近のツンデレは強くて困ります。

そのせいかすごく変な夢を見た。
僕は一昨年引っ越しをしたんですが、
その前の家の1階に変なゾンビみたいなおっさん達が攻めてくる夢です。

前にも同じ夢を見たことがあるのか、
もしくはそういう設定の夢だったのかはわかりませんが、
僕はその状況におちいるのが2度目でした。
前回はホウキとかで足を砕いたりして倒していたので、
僕と、誰かは覚えてない仲間は今回も楽勝だと思っていました。

そして2階からゾンビが降りてきたので、
僕は1番重量のある茶色のホウキで足を思い切りなぎ払いました。
しかしおっさんはたいしてダメージを負うことなく1階に下りてきます。
そのくらいから僕は激しい恐怖を感じていた事を覚えています。

 (今回は少しやばいかもしれない・・・)

僕の相棒も隣のドアから入ってきたゾンビに苦戦しています。
そして僕と相棒はこの狭さじゃ湧いてきたらやられる、と考え
すぐ横のガレージへ飛び出しました。
その時点ですでに敵の数はかなり増えており、
その一人一人が真剣を持っていました。
しかもそのゾンビ達は言葉をかけてきたりして、
知性があるということも分かりました。

今だから軽々しく言えますが、夢を見てる時は半端ない緊張感だったです。
だって真剣を持ってるんですよ?真剣で斬り合うのを想像してみてください。

相棒もいつの間にか獲物を刀に変えています。
僕は十手でした。
でもなんか十手を待っていたっぽい設定で、僕はかなり強くなってます。
凄まじい緊張感の中、2人対30人程の戦いが始まりました。
吉岡一門との戦いのようでした。

そのうち、中でも強い3人程が現れ、1対1の勝負になりました。
1人目は僕の相棒が命からがら戦い、倒しました。
しかし相棒は負傷してしまってもう勝負には参加できません。

そして2人目は僕とのタイマンでした。
僕は正直かなりビビってました。だって真剣なんだもん。
一撃で死んじまうんだぜ?やべーよ。
それでも僕は死闘の末その男を倒しました。

そして最後に待ち受けているのは最強の大男。
今までどこにいたのか分からない仲間みたいな男が、
「あいつは死ぬ程強かった」
などとほざいています。びびらせる為だけに出てくんな。

しかしここで思わぬ急展開になります。
TV局が登場して二人の戦いを番組にするというのです。
そして僕とその大男は何か変なアトラクションを越えてゴールを目指す、
レースみたいなので決着を付けさせられます。
僕も調子に乗ってTVで大暴れしています。

その辺でしらけて目が覚めました。

途中までは最高の夢だったんだけどなあ。
  1. 2008/01/06(日) 14:47:11|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大きな国の木下DAY

なぜだ。
なぜうんこが出ないんだ。
今までなら僕の思ったときに出てくれたじゃないか!
なんでだよ。一体なんでなんだよ!

・・・はっ!・・・そうか!!

お前、僕を裏切るんだね。
そうなんだね。
信じてたのに。
お前だけは信じてたのに。

思えば僕が生まれたときから僕とともにあった。
ずっと、一心同体だったよね。
僕が傷ついているときも、励ましてくれたりした。
僕が悩んでいるときも、いつでも相談に乗ってくれたりした。
そして僕が喜んでたとき、一緒に喜んでくれたりした。
本当に、お前が好きだったんだ。

なのに、なのに!
お前だけは、お前だけは裏切らないって信じてた。
僕が誰に裏切られようとも、お前だけは裏切らないって!!

もう、いい。
もう、お前なんかに頼らない。
もう、誰も信用したりしない。
僕は一人で生きていく。
この欲望と狂気に満ち満ちた世界を。
怒りと憎悪を内在した人間達の跋扈する世界を。

お前との楽しかった日々を憎しみに変えて。
お前との思い出を、怒りに変えて。
僕は、この世界を敵に回す。

全員、敵だ。
無論、お前もな。
次に会ったときには覚悟しておけ。

それにしても、なんだか無性に顔が痛い。
つい先ほどから痛みだしているようだ。
顔の特定の部位だけが。痛みだしている。

なんだろう、イタイ。
顔が、イタイ。
心が、イタイ。
カナシイ。クルシイ。イタイイタイイタイイタイイタイ。


・・・アレ?・・・コレ・・ハ・・・ナミ・・・ダ・・・?


・・・・ようやく・・・・・・・気が付いた。
僕は、僕は君がいないとだめなんだ。


僕は一生、君を許(はな)さない。



~記録はここで途切れている~



前置きが長くなりました。
ポーパスです。こんばんわ。

あれです。地獄少女全話みました。
それにしてもおもしれーよ。
やばいですよこのアニメ。
面白すぎですって。マジやべーよ。

なんと言いますか。
人間の汚さというか。
薄く脆い人間関係というか。
とにかく人間の「負」の部分が巧く描写されたアニメですね。
100%子供には見せられません。若干グロですし、悪い影響受けそうです。

それと前にも言いましたが一つ一つの話が凝ってるんですよね。
いたるところに伏線がはりめぐらされ、物語の最後に解明される。
なんか、京極夏彦さんの小説みたいですよ。物語の組み立て方が。
漫画でいうと昔ジャンプで連載していた「アウターゾーン」みたいな感じですかね。

ちなみに第三期の放送が確定したらしいです。
自分的には納得のいかないラストだったし、後味悪かったので嬉しいです。
まあしかし考えてみると、ああいう終わり方もありかなーなんて思ったりもします。
とにもかくにもこのアニメが名作であることには間違いないです。是非みて下さい。いや、みろ!


また面白いアニメあったら紹介しますね。
さーてじゃあ今日はこのへんで。

え?最初のうんこの話は何なんだって?
さあ、何なんだろうね。
ま、いいじゃない。そんなどうでもいいうんこの話なんて・・・




水に流しましょうよ。


じゃっ!また来週!!ポーパスでしたー
  1. 2008/01/04(金) 22:26:10|
  2. 小説っぽいの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

約束はまだ思い出に変わらず、心震え続けてる

むしろラガッツです。こんばんは

更新が遅れたっちゃ。しかたないっちゃ。
すまんっちゃ。

えー、昨日は仕事が終わった後にボウリングをしてきました。
超ひさしぶりだったね。ほんとに。
最初はウンコスコアだったけど1ゲーム目の中盤から天才になりました。
しかし2ゲーム目からは僕と僕のライバルの間で、
人知れずどれだけおもしろい投げ方をできるか勝負になっていたので、
スコアの方は見れたもんじゃなかったです。
しかも無茶苦茶しすぎてぶっ壊してしまいました。
ごめんね。店員さん。

クロックタワーがもうそろそろ佳境に入ろうとしています。
ついに伝説のバロウズ城、バロウズ家がでてきました。
バロウズとはクロックタワー1,2にでてきたシザーマンという男の正体です。
小学生の頃からクロックタワーを愛している僕達にとっては、
とても胸が踊る展開ですね。ワクワクします。

さーてそろそろ会社に行かなくちゃ。
明日からまた休みだから頑張るぞー。
えい、えい、うんこーーーー!!!
  1. 2008/01/04(金) 11:11:10|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いっぺん・・・死んでみる?

地獄少女おもしれー!
閻魔あいちゃんに一目惚れしたポーパスです。こんばんわ。

なんかいいですね、このアニメ。
作品の雰囲気に引き込まれるというか。
話が良く練られていて見てて楽しいです。
まあまだ4話までしか見てないんですけどね。

ジャンルはホラー。
一話完結で物語が作られていますので毎回新鮮です。
それにもかかわらず内容が濃い。なるほど人気が出るのも頷けます。
しかしホラーっていってもそこまで怖くないですが。毎回似たような展開ですしね。

そういえば最近アニメをよく観ますね。
まあ色々なジャンルのアニメをね。
恋愛もの然り、アダルト然り。
最近アダルトのアニメで「姉、ちゃんとしようよ!」を観ました。

この話、あり得ないです。
アダルトアニメ定番の突発的なエロシーン。
やたらと積極的な姉。暴走する主人公。
ありふれた非日常的な物語なんですよ。

しかし一つだけ気がかりなシーンがあります。
あの化け物はいったい何なんだ?
なぜ姉ちゃんが変身するんだ。仮面ライダーみたいに。
そのシーンだけがすごく印象的で心に残っています。ネタとして。

えええええええ。そこで変身ってどんなアニメだよ。
急展開過ぎるっての!!・・・・けどおもしろい。

これが私の「姉しよ」を観た感想です。
まだ最終話には程遠いんですけど今日で全部見ます。
もう決めました。誰も止めないでくれ。

まあ書くこと無いんで今日はこんな具合で切り上げます。
ではまた来週。ポーパスでしたー。

全部嘘なのーーーーーーーーーー!!!
  1. 2008/01/02(水) 20:33:27|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たくさんの思い出がある、他には何もいらないくらい

最初のラガッツです。こんばんは

というわけで皆さん、新年あけましておめでとうございます!

今年も正月がやってきました。
ポーパスさんも言ってましたけど、早いもんですね。
ていうか早いにも程があります。
先月くらいにも正月があった気がします。
小学校の頃は学校なんて終わらないもんだと思ってました。
そんくらい時間が長かったんです。
でも高校卒業してくらいからの3年とかはもう鬼の速さ。
年をとるごとに時間の感覚が早くなっていくんでしょう。

まあ今年の年明けパーティはしんどかったね。
毎年決まったメンバーでやってるんだけど、年々激しくなってます。
恒例のDynamite in ラガッツ邸にも出場し、
連続優勝記録を維持することができました。
その後でっかい神社に初詣に行ってまた暴れる。
ここではおもに友人のオクトマンモスがやられます。
そして去年から恒例行事になった大カラオケ大会。
なんと今回は途中でポーパスさんが乱入してくるハプニング。
宴の後にはこれまた恒例の『年賀状自分で入れに行く祭り』
そして全てが終了したのち帰宅。
直後出勤。

てな感じでした。ほんと疲れた。
でもこれこそが人生の醍醐味ですね。
死んでもこういう馬鹿はやめないです。
いつまでも応援していてくださいね。
それではこの辺で、また来週~。




よーし!!今年も本気出すぞーー!!
  1. 2008/01/01(火) 21:27:21|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある日の掲示板

掲示板

プロフィール

ポーパス&ラガッツ

Author:ポーパス&ラガッツ
僕は・・・熱をとりもどす


何かご要望があればこちらまで→takahiro.legal@hotmail.co.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (190)
黄金時代 (6)
小説っぽいの (12)
レビュー (20)
体験談 (34)
キチガイ日記 (9)
画像付き (24)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすさと商品

>

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。