精神疾患一歩手前のポーパス&ラガッツのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うん

こんばんわ。ポーパスだよ。


ネタが無いっすよ。別に話すことなんてないんだから。

一ついえることはおっぱいは至高であるということ。

あの弾力といい、形といい、とにかく夢が詰まってます。

まあ、人によりけり、なんですけどね。


まあとりあえず、おっぱいです。

みんなも好きなんだろ?

なあ言ってみようよ。

おっぱいが好きだって。

なあ叫んでみようよ。

おっぱいが大好きだって。

なあ触らせてくれよ。

なあ

スポンサーサイト
  1. 2008/05/31(土) 01:45:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

おtりbjklbmd

はい、またやっちゃいました。
今回は2時間程無駄にしました。

もう正直今とてもなげやりでどうでもいい気持ちです。

メタルギアシリーズについてとても熱く語ったんですが、今となってはもう過去の話です。

すみません。
謝ってはいますが心の中では全然謝ってません。
それも込みですみません。

さすがに心が折れましたよ。

また思い出して書けるといいなと思います。

さようなら。
  1. 2008/05/28(水) 05:50:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

お兄ちゃ~ん

俺さ、実は妹属性なんだよ

い、いや、別に隠してたわけじゃあないんだけどさ・・・
なんていうか、ほら、お前何も聞かなかったジャン
だから別にいいのかなぁ、なんて思ったわけよ

う、うん。だからごめんってば
お前が姉属性って知らなかったらもっと早くに言ってたけど・・・
なんかさ、言いにくかったんだよ。わかるだろ?

何?わからない?
もういいよ、シネよお前。

このわからずやっ!
一生チンコの皮でも剥いてやがれっ!


あ・・・ごめん、言い過ぎたよ
お前の気持ちなんて全然考えてなかったみたいだ

すまねぇ、俺、どうかしてたわ
これからはお前が好きなともねぇを可能な限り愛していくよ

けどさ、お前には俺が好きな心ちゃんを愛してもらうよ
え?幼女じゃないかって?
ち、違うってのばーか、な、なにいってんの?
あれでも一応は18歳以上だっての!
お、俺がロリコンなわけねーじゃねーかよっハハハ!

はぁ。
なんかバカらしくなってきたよ

じゃあこうしようよ。
俺は妹一筋。お前は姉一筋。
出来るだけお互いを思いやること
これで十分じゃねーか、な。

え?なんだって?
おまえそれ本気で言っているのか?
姉属性じゃないってじゃあ何属性なんだよ?

なっ!

お、幼馴染だとおぉぉっ!!!!!!
てめぇはっ!!よくもっ!!
そんなことが言えるなぁぁぁっ!!!

君がっ!泣くまでっ!殴るのをっ!止めないっ!


・・・ふぅ





前置きが長くなりました。ポーパスですこんばんわ。

最近暑くなってきましたね。
イライラします。日夜誰か殴りたくなる衝動に駆られますね。


では、また来週っ!!
  1. 2008/05/27(火) 03:34:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

How 'bout your fuckin' face

比較的ラガッツです。こんばんは

今回の話は前回のポーパスさんとかぶってます。

最近ウチによくいたずら電話がかかってくることを母から聞いていました。
携帯が普及した今、僕の家の電話はもうほとんど鳴る事がないので、常に留守電の状態になっています。
2回程コール音が鳴った後、メッセージを入れる状態になるのです。
僕はあまりその電話の近くにいないのですが、母から聞いた話では

電話が鳴る
   ↓
メッセージを入れてくださいのアナウンス
   ↓
  無言
   ↓
しばらく不動
   ↓
突然狂ったようなことを話し出す

という流れらしいのです。

それが1週間くらい続いていると聞いていましたが僕は遭遇0でした。


そして、夕食後・・・

ラ「さて、そろそろ部屋に戻ってゲームでもすっか。」

プルルルルルルルルル!

ラ、母「!!」

ラ「か、母ちゃん・・・これはまさか・・・」

母「待て。」

プルルルルルルルルル!ガチャ!

『ただいま、留守にしております。ピーという発信音の後にメッセージをお入れください。』

ピーーーーー

?「・・・・・・・・」

ラ「母ちゃん、やはり・・・」

母「もう少しだ、待て。」

?「・・・・・・・・」

?「なんとかかんとかでちゅ~。ぶいぶいぶいぶい~。」

母「こいつだ。」

ラ「了解。」

ガチャ!

ラ「もしもし。」

?「・・・・!」

ラ「なんや。」

僕は出来るだけの殺意をこめ、今すぐにでも殺してやるぞ、という声で電話にでました。

ガチャン!ツー、ツー、ツー・・・

母「ははは。」

ラ「馬鹿が、切りやがったよ。」


僕はもう少し会話になればおもしろかったのに、などと思いながら部屋に戻りました。
(しかしどこかで聞いたような声だったな・・・誰かは思い出せないが・・・)
そんなことを考えていた時でした。

キキーーーーッ!!!

ラ「!!!」

それは家の前に自転車がとまった音でした。
それに続き、謎の男のつぶやきが聞こえてきます。

そしてそれを聴いた瞬間僕は恐ろしい事に気付いてしまったのです。

(あの電話が無差別ではないとしたらそれは俺になんらかの恨みを持っている奴だろう。
 残念ながらそういう奴に心当たりもありすぎる。
 奴は今まで何度も何度も俺の家に電話をかけてきた。
 だがその電話は今まで一度も出られることがなかった。
 つまり奴は電話をしてきた時家に俺はいないものだと思っていた。
 奴の目的がイタズラではなく俺の存在の有無だとしたら・・・?
 そして今俺が家にいるという事実に奴が気付いたとしたら・・・?)

ラ「やばい!まずったぜ!!」

ダッ!

僕は飛び起き、すぐさま臨戦態勢を整えました。

(敵が丸腰ならよほどのことでもない限り撃退できるだろう・・・
 だがここまで用意周到な奴だ、俺を殺す気だということも十分考えられる。
 バット、ナイフ、最悪銃器の類も想定しておいてもやりすぎではない。
 刃物はまだしも銃を持っていたら距離によってはなすすべも無い。
 だが不幸中の幸い、奴は城攻めだ。
 俺は進まなくてもいいが奴は進まなければならない。
 俺が先に奴の動きを読み、待ち伏せして気付かれずに後をとれれば・・・
 事態が事態だ・・・死んでも悪く思うなよ・・・)

それはまさに限界の緊張感でした。
本当に生死をかけたやりとり。
負ければイコール死というとてつもない現実。
その時僕は究極の精神状態にいたのです。

(来るなら来やがれ・・・殺してやるぜ・・・!)



しかし男はいつまでたっても家には入ってきませんでした。

シャーーーーー

そして最後に自転車の去っていく音が聞こえたのです。

ラ「どういうことだ・・・今回は偵察ということか・・・?」

僕は玄関のドアを開け、外を見ました。
そこに人の姿はありませんでした。


しかし。



男「はははははははははははははははははははは!!!」



遠くで男の笑い声が聞こえたのでした。

僕はゾッとせざるを得ませんでした。
そしてもう一つの恐ろしい事実にも気付きました。

(今この玄関の前に奴が待ち伏せていたら今頃・・・
 みすみすと己の優位を捨ててしまうとは・・・くそっ、俺としたことが・・・!)

今回は事なきを得ましたが、本当に身の危険を感じています。
いつ気の狂った殺人鬼が家に押し入ってくるか分からない状況なのです。
もうぐっすりと眠れる日はしばらく訪れないでしょう。

だけどこれだけは言っておく。

殺人鬼よ、よく聞いておけ。
俺はそう簡単に殺されるような男じゃない。
来るのならそれ相応の覚悟をしておけ。
俺は逃げも隠れもしない。
だが確実に貴様の脳天をぶち砕く。
狙う相手が悪かったな。

俺は  最強だぞ
  1. 2008/05/25(日) 01:12:34|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

デビルカッターは岩砕く!!

砕くなよっ!カッターなんだったら切れっ!!



こんばんわ、飛鳥りょ・・・ポーパスです。

それにしても昔のアニソンは歌詞が意味不明なのが多いですよね。
いったい作詞者はどんな心境でこういった歌詞を書いてるんですかね。

やっぱりその場のノリで思いついた雑多なことを適当に書いているんでしょうか。
それともネタになるのを考慮しつつ、視聴者の人に笑ってもらえることを計算して書いているんでしょうか。

どちらにしてもとても楽しそうな職業であることは言うまでもありません。
私もいつかアニメの音楽とかゲームの音楽の仕事に携われるようになれば、と日々切望しています。



話は変わりますが、最近私の携帯に公衆電話から電話がかかってくるんですよ。
一日に5回ほどなんですが、昼ごろになると集中して連続でかかってきます。
ホントにもう1週間以上こんな状態が続いてて、腹が立つのを通り越して、畏怖の念を覚えてきました。

それでね、今まで電話に一回も出てなかって今日、初めて電話をとってみたのです。


ぽ「はい、もしもし」
?「・・・」
ぽ「(無言電話かよ)・・・あの、どちら様ですか?」
?「・・・あ、あの」


お、女じゃねーか!しかも独特な高い声からしてきっと若い女だぜ!
ひゃっほーーー!!やったぜ!!けどよく考えるとなんか怒ってたような・・・

ぽ「はい。なんでしょうか?」
女「あ、あの・・・あれ・・・えっと・・・」

どもってやがるぜ!可愛いことこの上ねぇ!!
これはまさかの愛の告白か?来たのか、フラグなのか?

などと浮ついたことを考えていると、


女は逡巡を断ち切るかのように大きく深呼吸し、こう言い放った。



「巻きますか?巻きませんか?」



ぽ「お前は何を言っているんだ?」
女「っ!・・だから、巻くのか、巻かないのか、はっきりするですぅ」

私はいくばくかの記憶を手繰り寄せ、
やがて電話口の向こう側にいる人物の正体に行き着いた。


ぽ「ハッ!その口調はっ・・・まさかお前・・・!」
女「そっ、そうですぅ!早く巻くって言いやがれですぅ!」

やはりそうだった!胸の奥につっかえていた溜飲が下る気持ちと、
再開できたことの歓喜、悲願の達成感といった感情が脳内を駆け巡った!

そして、私はこう言った。








ぽ「かじゅき~」


電話口から、ハッと息を呑む声が聞こえ、不思議なことに
すぐさまそれが怒りに変わっていくのを私は肌で感じたのであった。
女は耳を劈(つんざ)くほどの高周波、かつ、爆音を放ちながら、こう言った。





女「クソジジイッ!!人(形)違いじゃボケがっ!!」




その言葉を聞いた瞬間、まるで頭から冷水を浴びせられたかのように、私の熱は冷めていった。


ぽ「なんだ、蒼星石じゃねーのかよ。じゃあ興味ねーよ。あばよ」
翠「ちょっ、ちょっと待つですぅ!」
ぽ「あんだよ!俺は蒼以外興味ねぇって言ってんだろうがよ!!」
翠「・・・ぐすん。い、今更ちび人間のとこなんて戻れないですぅ。お願いだから・・・」
ぽ「だから無理だって言ってるんだよ。死ねよジャンクが」
翠「っ!!う、うわぁぁぁぁぁん!!プツッ、ツーツーツー」
ぽ「・・・」




言葉は凶器だ。
狂気を孕んだ凶器。

彼女は傷ついた。
私は彼女を傷つけた。

私の言葉には邪気しか包含されておらず。
彼女は邪なその言葉に、ただひたすら心を陵辱された。



くっ!!
私は悪態を付き、近くにあったゴミ箱を蹴飛ばした。
中身が飛び散り、その場にゴミが散逸する。

なぜだ!なぜ私は彼女を傷つけるようなことをしてしまったんだ。
時間は帰ってこない。彼女の疵付いた心は、もう一生癒えないのだ。

許してくれなんて思わない。たとえ許されなくてもいい。
ただ私は、彼女に一言、「ゴメン」と謝罪をしたい。

たったのそれだけでいいのだ。
私はこの罪を、少しでも贖いたい。

頼むっ!お願いだっ!!
もし神様がいるのなら、私の願いを叶えてくれ!!
もう一度、私の元に電話がかかってくるという願いをっ!!

今思えばなんという他力本願な考え方だろう。
無責任な言動、無神経な態度をとっておいて未だ、救済を求めている。
私は罪人だ。少女の心を犯し、陵辱し尽くした、哀れな囚人。




しかし、想いが通じたのか、突然、私の携帯が鳴った!


神は存在した!

こんな哀れな私に救いの手を差し伸べてくれたのだ!!

やはり、信じる者は救われるのだ!!




光を放ちながら振動する携帯。
私は急いで携帯を手に取り、通話ボタンを押した!!
















「もしもし堀内です」


「死ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」








私は携帯を破壊した。真っ二つに折れた残骸がゴミと一緒に転がっている。




ふふ。


ニーチェはこう言った。

神は死んだ

と。



ふふ。
信じる者はすくわれる・・・か。
昔の人はうまいこといったものだよまったく。


見事にすくわれたよ、足元をなッ!!







というところで目が覚めました。
若干脚色してますが全部今日見た夢です。

では、また来週
  1. 2008/05/23(金) 04:32:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

外の世界には光があるのか

ハイカラなラガッツです。こんばんは

どんだけ無茶ぶりやねん。さっき帰ってきたとこやっちゅうねん。

えー、と言う訳でガオガイガーは無視します。
つーかほとんど「ガ」じゃねーか。
頑張るとかしかでてこねーよ。

なのでもう一個の方を受け継いで、僕も撮影会にしました。
僕の日常の断片をお伺いください。



PIC_0122_convert_20080521054602.jpg

ラ「うっす。ラガッツだ。久しぶりだなお前等。
  え?服を着てるって?俺をあんな変態と一緒にするな。
  そんな気持ち悪いことしねーよ。ほんと勘弁してください。」

PIC_0124_convert_20080521054616.jpg

ラ「まあとりあえず一服しようや。仕事帰りだしよ。
  つーかもう撮影会に時間かけすぎて朝なんですけど。
  あ・・・・あれ・・・?」

PIC_0105_convert_20080521054117.jpg

ラ「・・・・・・」


  「どうしたラガッツ」

PIC_0107_convert_20080521054222.jpg

ラ「・・・!」

PIC_0108_convert_20080521054241.jpg

ポーパス「なくしたのか?・・・ドリル」

ラ「ポーパス・・・なんでポーパスがここに・・・」

PIC_0110_convert_20080521054305.jpg

ポ「忘れたのか。俺の無茶に中身をくれたのはお前なんだ。
  おれの裸祭りに中身をくれたのはお前なんだよ。
  お前のドリルはその辺の石ころとは違うはずだ。」

PIC_0111_convert_20080521054320.jpg

ポ「お前のドリルは、ここだ。
  いつまでもこんなとこでうだうだしてるんじゃねぇ
  お前のドリルは何のためにある?」

PIC_0113_convert_20080521054356.jpg

ラ「俺は・・・俺は変態じゃないんだ・・・俺は・・・」

PIC_0112_convert_20080521054340.jpg

ポ「―――」

PIC_0114_convert_20080521054416.jpg

ラ「俺は・・・俺のドリルは・・・天を貫くドリルだ!!!」

PIC_0116_convert_20080521054447.jpg

PIC_0115_convert_20080521054431.jpg

ポ「―――!!」

            ・
            ・
            ・
            ・ 
            ・



142_convert_20080521063017.jpg


PIC_0118_convert_20080521054503.jpg

ポ「行けラガッツ。もしとかたらとかればとか、そんな思いに惑わされんな。
  自分が選んだ一つのことが、お前の宇宙の真実だ」

PIC_0119_convert_20080521054516.jpg

ラ「ああ、そうだな。そのとおりだ」

ポ「忘れんな。俺の宇宙もそこにある宇宙だ」

 俺の胸を指差すポーパス

ラ「ポーパス・・・」




ポ「いつのまにかお尻の綺麗さ、抜かれちまったな。」

ラ「ほんとだ。はははは。」

ポ「ははははは。」


ラ「・・・行くよ、ポーパス。」

PIC_0120_convert_20080521054532.jpg

ポ「ああ、今度こそ、ほんとにあばよだ。行けよ、兄弟!」

ラ「あばよじゃねぇ。いっしょだろ」

ポ「ああ・・・!」

PIC_0121_convert_20080521054547.jpg

ラ「おおおおおおおおおお・・・・・!!!!」






ラ「おおおおおおおおおおおおおおおおお
PIC_0127_convert_20080521054629.jpg

おおおおおおおあああああああああああああ!!!!!!」

PIC_0128_convert_20080521054646.jpg

            ドーーーーーーン!!!

PIC_0133_convert_20080521054716.jpg

ラ「ついに戻ってきたぜ!俺のドリル!
  これさえあれば俺は無敵だあああ!!!」


PIC_0132_convert_20080521054703.jpg

ラ「うらああああああ!!!」

13-風神少年

ラ「うらああああああああ!!!」

PIC_0141_convert_20080521054800.jpg

ラ「うおらあああああああ!!!」




すみません。取り乱しすぎました。
撮影会はこれで終わりにします。
それにしてもポーパスさんかっこよすぎですね。
変態のくせにここまでかっこいいと正しい事を言ってるように聞こえます。

とりあえずコアドリル初お披露目です。
どうです?超シブいでしょ?
間違いなく家宝にします。
皆さんも手に入れて仲間になりましょう。

ふう。今7時です。
ここまでつくるのに3時間くらいかかりました。
今日も僕は本気ってことですよ。

それじゃあ明日も仕事なんでこれでお別れです。
いつかまた会えることを信じていますよ。

「あばよ、ダチ公」

PIC_0135_convert_20080521054746.jpg


                                                   
  1. 2008/05/21(水) 07:10:10|
  2. 画像付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

僕は君の瞳が好きだ。だってよく見るとその中に美しい僕が映っているから。

はい、本日2回目の更新です。

この間、わふーさんからバトンが回ってきましたのでやってみます。
わふーさんはいつも元気です。彼のブログを見てるとなんだか部屋がスペルマ臭くなってきます。
関係ないですが聞いたところによると、彼は今日の朝ごはんが洋風だったそうです。

わふーの分際でっ!!

ごめんよっ!!早速始めるよっ!!



【題名に名前が出た人がビックリして受け取るバトン】

ルール

Ⅰ.回ってきた5文字の言葉を携帯の記憶している変換機能で1文字ずつ変換

Ⅱ.その変換機能で出る上位5文字を惜し気もなく載せる

Ⅲ.そして次に回す5文字設定


回ってきた文字=「サンドパソ」


「サ」

・最近は
・搾乳
・さかってきやがった
・寂しくない
・サイコキネシス

なんか普通ですね。

「ン」

・ンドゥール
・ンジャメナ

以上

「ド」

・ドッチボール
・ドイツ
・どれだけ
・どれほど
・どっかーん

最後のは一体なんだろう・・・

「パ」

・パンコ
・パイパン
・パイズリ
・パイパイ
・パイゲ

これにはさすがにびっくり。
下ネタばっかじゃねーかっ!

「ソ」
・そんなことは
・そうでもない
・そうかな
・そうかに
・ソクラテス

4番目、噛んでますね。
しかも変な奴が最後にいる・・・



思ったよりも普通でしたね。
おもんなくてすいませんでした。


ではタイトルには書いてませんが次はラガッツさんにやってもらいましょう。


というわけで、次のタイトルは・・・





「ガオガイガー」でっ!よろしくお願いしますっ!!



ではまた来週っ!!
  1. 2008/05/20(火) 05:04:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛はさだめ、さだめは死

お久しぶりです、こんばんわ。ポーパスです。

更新が滞っていました。非常に申し訳ないです。
ずーーっと、「11eyes」をプレイしててさっきやっとクリアしたところだったんです。

いやー、面白かったですね。
前作の「3days」と同様、非常に「飽きさせない」 内容でした。
ただ、一つ残念だったのが前作のようなグロい演出が無かったことです。
結構そこのところ期待していたので少しがっかりでした。
まぁ、感想は後日、気が向いたら書いていこうと思います。


突然話は大きく変わります。ブログのタイトルについてです。

このブログなんですが、実は初めは『ポーパス&ラガッツの日常生活』というタイトルでした。
見たら分かると思いますが、それはもう、とてもとてもセンスの無い名前でした。
言ってしまえばクソみたいな、ごく、ありふれたタイトルです。
このタイトルは、私たちが過ごすある種病的な生活を日記形式で伝えていきたいと思ってのものでした。

しかしタイトルが変更された今でも、そのときの気持ちは忘れてはいません。
出来るだけ多くの人に自分達の生活を見てもらいたい、私たちはその一心なのです。

ですが文章だけではなかなか伝わらないのが現実です。
私たちは普段、文章のみの日記をスタンスにしているので尚更でしょう。
せいぜい伝えたいことが6割ほど伝われば関の山ではないでしょうか。


ってわけで前置きが長くなってしまいましたが、
今日は私、ポーパスの日常生活を少しお見せしましょう。

まぁ、うだうだ御託を並べていますが、
とくにネタもなかったからヤケになっただけなんですが。




200805200334000.jpg

オッス!僕の名前はポーパス!みんな元気かい!!
属性は妹。僕の妹になってくれる人大募集だよ!!

200805200333000.jpg

心優しいみんなには僕の美しい肉体を真上から見せてあげるね!!
この画像をみて勃起した人も少なくないはずっ!!何を隠そう!僕は勃起したよ!!

200805200327000.jpg

サービスタイム突入!!さあ確変モードだよみんな!!
うん。改めて見ると、ケツ毛が気になるね。だけど君達もこんな感じだろう?
そうそう。仲間仲間。君と僕は仲間なんだよ。なーんて嘘だよヴァーカ。

200805200329000.jpg

これは色々と失敗しちゃったよ。
洋服ダンスに突撃しようと思ってたんだけどタイマーの設定をミスって短くしてしまい、このざま。
おかげで何をしているのかよく分からない画像になってしまったね。よく見たら顔に何も被ってないしね。
僕の美しいちんちんにはとても長い皮が被ってるんだけど・・・大人の事情で見せれません。残念です。





はい、少し短いですが今日はこんなところで終了になります。
どっからどうみてもキチガイなんですが、これが私たちの生活です。
きっと明日は裸ガッツさんが私と同じようなことをやってくれるに違いありません。
みんな!裸ガッツの生活は俺のこれとは段違いなんだぜ!だから期待してやってくれ。

では今日はこんな感じで!またらいしゅ・・・



ん?なんだ?
こんな夜中に誰か来たみたいだ。

バタンッ!!

っ!!おいっ!!
誰だお前はなにをするやめろ離しやがあえああえあええふぁうぇwds・・・




・・・・・・・・・


・・・・・・


・・・








200805200337000.jpg






ストップ!性犯罪!
  1. 2008/05/20(火) 04:38:22|
  2. 画像付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

つぼみがいつか花ひらくようにユメはかなうもの

のっけからラガッツです。こんばんは

最近自分のギャグが通用しなくて困っています。
ギャグにはそれぞれセンスと好みがあり、万人を満足させる事ができないのは分かっています。
それにしても会社での僕の空回りぶりはひどい。
もともと喋らないのに、頑張って放った一撃が軽く流されるととても辛いです。


#近々の例#


その1

係長「俺乱視だからものがブレて見えるんだよ。」

ラガ「あ~。実は僕も軽い乱視なんですよ。」

係長「そうだったのか。やっぱりブレて見える?」

ラガ「いやー、そんなに気になるレベルじゃないですね。軽いんで。」

係長「夜に月とか見たらどうなる?」

ラガ「でっかいサルになりますね。」

係長「はは、俺なんか月が2つみたいに見えるからなー。」

ラガ「僕もほんとは今係長が5人くらいに見えますけどね。」

係長「それじゃあ。」

     完



その2

先輩「ラガッツ、コンビに行くならついでに俺の飯も買ってきてくれよ。」

ラガ「いいですよ。何にします。」

先輩「今紙に書くわ。おにぎりのコンブと、適当なサンドイッチで頼む。」

  紙に『コンブ、サンド』と書いてある

ラガ「分かりました。じゃあ待っててください。」

  もらった紙にサンドパンを付け加える

ラガ「先輩、コンブとサンドは捕まえましたけどサンドパンは見つかりませんでした。僕『赤』だったんですよ。」

先輩「は?サンドパンってなんだ?」

ラガ「・・・」

     完



こんな感じの毎日です。
今自分で書いて理解しましたけど分かりにくすぎますね。

僕は基本知ってる人だけがおもしろいネタばっかり使うんですよ。
なので知らない人が見ればただの意味不明なこと言ってる奴なんでしょうね。
僕も悪い気がしてきました。
でもポケモンくらい知っとけアホンダラ!!

こういう知識ネタはポーパスさんだけにしたほうがいいですかね。
今後の教訓にしてこれからも言い続けます。

それじゃあまた来週。
  1. 2008/05/14(水) 05:38:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新たなる領域へ 第一章

こんばんわ、ポーパスです。
更新はですね、忙しくて出来なかったといっておきましょう。すいません。

それにしても最近の気温の変化は何とかして欲しいですね。
ゴールデンウィークあたりはかなり暑かったのに最近は寒すぎます。
おかげで部屋で全裸で過ごすことが苦になってきましたよ。


話は変わりますが昨日、堀内というデブに会ってきました。
覚えてますかね?昔からこのサイトを見てくれている方なら
知っているかもしれませんが、知らない方は過去の記事を探してみてください。
それでその堀内から2日前にこんなメールが着たんですよ。


堀内『お久しぶりですこんびちは。よかったら明日会いません?』

返信「こんびちはって何だよクズ!挨拶もろくにできねーのか?死ね、そして死ね!改めて死ね!!」

堀内『では明日の夜7時に紀伊国屋(書店)の前に集合でいいですか?』

返信「いいよ、じゃあ遅刻するなよ。また明日なノシ」

堀内『恐れ入ります。では失礼します』

返信「死ねーーーーーーー!!!」

堀内『!!』


こうしていつも通りのやり取りをし、メールは終了しました。

そんなこんなで昨日、夜の7時前に集合場所である紀伊国屋に到着しました。
集合時間五分前だったのにもかかわらず、誘った本人はまだいませんでした。
「なめやがって・・・」腹の中に大きな憤りを感じた私は一人ごちました。
着いたとき、どんな酷い目にあわせてやろうかと妄想してるといつの間にか時間は7時を回っていました。

「おせえ・・・」

私は遅刻する奴とかはかなり嫌いな人種に入りますので、相当苛立っていたと思います。
遅刻するのは仕方ないかもしれないが、それならどうして事前に連絡できないんだ。
そういう常識的なことが出来ない人間は生きてる価値がないだろう、云々かんぬん。

と、そうこうしているうちに、堀内が姿を現しました。
久しぶりに見た堀内の姿は、創造していたより変わっていませんでした。
ただ、ここまで来るのに走っていたからか、息も荒く、髪型はボサボサで見るも無惨な姿です。

堀「す、すいませんっ!!電車が・・電車が・・・・でんhさええmさs」
私「とりあえず落ち着け。何を言っているのか分からんから、落ち着いてゆっくり話すんだ」
堀「はいっ・・僕、いつも通りの電車に乗ろうとしたんですよ。けど・・・」
私「けど・・・?なんぞトラブルでもあったのかね?」
堀「そうなんですよ。実は、寝過ごしてしまって・・・」
私「全然トラブルじゃねーじゃねえかっ!!バキッ!!」
堀「痛いっ!すいません!次から気をつけまkjsjdfs」

ひとしきり殴った後、私は今日何のために呼ばれたのか聞くことにしました。
メールをしているときに、何をするかという目的を聞いていなかったのです。

私「それで、今日は何の様だ?」
堀「グフッ!」
私「おい。大丈夫か?」
堀「大丈夫です。それで実は今日は特に用はないんです。久しぶりに話したいな、と」
私「特に用もないのに呼んでんじゃねーよ!いい加減にしないと殺すぞてめー!ほら、飯食いに行くぞ」

瞬間、堀内の表情がパッ、と明るくなるのがわかりました。

堀「わかりました。じゃあラームン食べに行きましょう」
私「ラームン?」
堀「いえ、タイプミスです。こっちの話なんで気にしないでください」

そうして私たちは近くにあるラーメン屋に入りました。
中に入って最近起こった出来事や、色々な近況報告をしました。
ある程度話し終わり、ネタが尽きてきて沈黙気味になっていたところ、堀内が重々しく口を開きました。

堀「実は僕、恋をしているんです!

いきなりのカミングアウトに驚いた私は、食べていたつけ麺を吹き出してしまいました。

私「おい、冗談は顔だけにしろ。その顔で恋とか言ってんじゃねーよカス」
堀「いえ、本気なんですよ。もう大分前からで、相手は同じ職場にいるんですが・・・」
私「ほう?誰かね?俺が知っている人なら教えてくれ」

※堀内と私は以前同じ職場で働いていました。堀内は今もそこで働いています。

堀「実は副支店長のKさんのことが好きなんですよ」
私「忠告しておこう。諦めろ。Kさんっていうと美人でスタイルがよく、周りから一目置かれている存在だぞ」
堀「それは分かっているんですが・・・諦められないんです!」
私「ちっ!だから無理だと言っておろう。貴様は自分の顔面を鏡で見たことあるのか?ったく、ウルヴァリンみたいな顔面しやがって」
私「それに好きだといっているがお前は具体的に何か行動をしたのか?たとえば番号を聞くとか」
堀「いえ、とてもじゃないけどできません。チキンなので」
私「チキンなのは知っている。それにそんなんじゃ論外だな。諦めろ。お前には無理だ。デブには無理だ」
堀「はぁ・・・やっぱりそうですよね・・・どうせ僕なんか一生彼女できませんよ・・・」
私「その通りかもな。要するに身の程をわきまえろということだ。しかし・・・」
堀「しかし・・・?」
私「まぁいい。とりあえず店を出よう」

2時間ほど滞在していた店を後にし、私たちは近くにある公園にいきました。
都会であるにも関らず、その公園はとても閑散としています。
ベンチに腰掛け、二人してコーヒーを飲んでいると、俯きながらこういい放ちました。

堀「ねえ。さっきの話の続きなんですが・・・」
私「ああ。あれは、お前には一生彼女は出来ない、ということを言おうとしただけだ」
堀「やっぱりそうですよね・・・こんなチキンには無理ですよ」
私「話をよく聞きたまえ。お前には彼女は出来ない。しかし反対解釈すると彼氏は出来る、ということだ」
堀「っ!!・・・確かに・・・」
私「そうだろう。堀内という名前は何のために付いている?男のケツ(内)を堀るために付いているんだろ?

・・・

堀「・・・あなたは天才だ。その通りだ。僕は一体どこで何を間違えていたんだろう・・・」
私「そうだ。お前には男がいる!それで十分じゃないか!!」
堀「ありがとうポーパスさん!僕、僕はっ!・・・ポーパスさんのことが好きです!!」
私「・・・・・・・なっ・・・(なぜそうなる?)」
堀「本気です。僕と付き合いましょう。カチャカチャ、ジー」
私「おい。何でズボンをずらしている。ちょっおまっ!まさかっ!・・や、やめろ!!」




堀「ゆおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!いっくぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」



私「うああああああああああああああああ!!!!」





・・・




ズブブッ!!







アッーーーー!!!!!





TO BE CONTINUED
  1. 2008/05/12(月) 22:10:36|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

悲しみの向こうへと辿り着けるなら

妬まれるラガッツです。こんばんは

すみません・・・
皆さんには謝っておかなければなりません。
まず更新が遅れたこと。
そして今回が適当になってしまうこと。
これは僕が挫折してしまったからです。

そう、それは一昨日のことでした・・・

僕はポーパスさんとウイニングイレブンをしていたのです。
世界の頂点を決める大会を2人で協力して制覇しようと思ったからです。
そしてそれは実際とても過酷な戦いでした。
しかし見るものを感動させるとても熱い試合の連続だったのです。

だから僕は思いました。
「これで久しぶりに超長編を書こう」、と。

そして僕はその熱い戦いを物語として書きだしました。
それはパロディ満載の、それでいて魂が震えるような燃えるストーリーでした。
自分で言うのもなんですが、はっきり言って最強の展開になっていたと思います。

文字を綴ること数時間。
ついにその物語は大団円を迎えました。
僕はとても満足いく内容に心が躍りました。
これで皆を楽しませることができる!

そしてタイトルも最高に熱い歌詞にし、それを保存してあるメモ帳を閉じた時でした。


メモ帳とともにウインドウも閉じてしまったのです―――




僕は天を仰ぎました



さようなら

そしてさようなら――
  1. 2008/05/09(金) 15:37:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

僕はウェットティッシュみたいな人間になりたい

こんばんわ、ポーパスです。


前回の日記、かなり意味不明でした。
自分でもあんな風になるなんて思いもしませんでした。
まぁけどいつものことなんで適当に流し見てください。


それで今日は特に書くことは無いですね。はい。
適当な話題で流しますけど勘弁してください。

ラガッツさんがPS3を買ったらしいですね。羨ましいです。
ゲームだけでなくブルーレイディスクが再生できるってのが熱い。
ブルーレイは映像の質が今までと比べ物になりませんもんね。

なんでも、映画なんかでは出演している人の顔の毛穴とかまではっきり見えるほどらしいですよ。
凄過ぎて将来的にこれ以上の画質を誇る技術が生み出されるのか疑問に感じたりしてます。

なかでもAVとかはかなりやばいみたいです。
どんなにクソみたいな作品でも興奮できるって何かの記事で読みました。
私がAVを見始めた頃はまだビデオだったので、DVDが普及したときはかなり感動しました。
これほどまで画質が良くなるのかと、感動したと同時に激しく興奮したのをよく覚えています。

そのときの感動を更に上回る感動が今まさに呼び起こされようとしているんですよ。
正直言ってかなり期待ですよ。けどホントに普及していくのかな?

もしこのまま結局ブルーレイが普及されずじまいとかだったらがっかりです。
まぁ、ないとは思いますがもしそうなったら嫌なのであまり過度な期待はやめておきます。

この話の結論として私が言いたいのは


もっと高画質でAVを見たい


ということだけです。
同意してくれる方も多数いらっしゃると思います。
その方々はこれからのブルーレイ普及に期待しましょうね。


じゃ、かなりの駄文になってしまいましたがいつものことです。

ではまた来週!!
  1. 2008/05/06(火) 23:05:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

迷いながら 悩みながら 悔やみながら 決めればいいさ

ぬかりのないラガッツです。こんばんは

何かアクセス数がいつもより増えすぎている気がしますが気のせいでしょう。
こんな深い精神世界に人が来るわけがありませんからね。
明後日にはきっと6人くらいに戻っているはずです。

ポーパスさん。11eyesが日本橋からもうなくなりつつあるらしいですよ。
とらのあな、ソフマップ、メロンブックスにはもうないらしいです。
急がないと全部なくなっちゃいますよ。
つーか昨日行ったんだったら買っとけ!

それにしても昨日の彼の日記は完全に意味不明でしたね。
おそらくポーパスさんが投影の使いすぎで頭がやられてしまったか、
その男の固有結界に巻き込まれたかのどちらかでしょう。
どちらにしてもただではすまなかったはずです。

僕はというとまた明日から仕事です。
僕は休み1日だけだったんですが、世間ではGWだったらしいですね。
連休明けということもあって明日の仕事量はおそらく魔物レベルでしょう。
今まで眠っていた飛行機達が一斉に攻撃してくるのです。
正直生きて帰れる保障はありません。
しかし、明日のメンバーがやばすぎる。
強い先輩達が謎の不在で、どうみてもゴミしか残っていません。
はっきり言って僕がエースです。
僕より先輩の奴すら1人しかいません。
明日関西空港が爆発したら僕が耐え切れなかったと思ってください。

おしゃべりはここまでだ。

「行くぞ関空王―――貨物の貯蔵は十分か」
  1. 2008/05/06(火) 00:38:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いま俺の胃の中でフェーン現象が再起動

いつもの如くタイトルに意味はございません。ポーパスですこんばんわ。

今日は日本橋に行ってきました。いやー、落ち着きますねやっぱり。
しかしゴールデンウィーク中であるからか人ごみが半端無かったです。
道行く度に人の波でした。あまりに腹が立ったのですれ違い様3人ぐらいアヌスブレイクしておきました。

別に特に目的も無かったのでただブラブラとソフマップ行ったりメロンブックス行ったりしてました。
まあこういうゆったりした気分を味わうのも悪くは無いかなと思いつつね。
それでハルヒの同人誌を買ったりCDを買ったりして一人で盛り上がってました。

時間にすると約2時間程度だったでしょうか。
それぐらい滞在して、暑かったからかだんだん疲れてきたので帰ることにしました。


・・・その帰り道、事件は起きました


私は駅へと向かう途中、あまり人通りの少ない道を歩いていたのです。
すると突然、後ろから声を掛けられました。

「・・・あ・・ぁ・・・ぃ」

はっきりいって何を言っているのか全く聞き取れない擦れた声でした。
その男はこのくそ暑いのにも関らず真っ黒のジャンパーを着ていて、しかもフードまで被っていました。
もうホントにパッと見不審者でしたね。間違いない。もしここが暗いところだったら全然姿も見えないでしょう。


私はその男に向き直り、何を言っていたかやんわりと、そして優しく聞き返しました。

「お前は何を言っているんだ?はっきり喋りたまえ、この人見知り」


とたん男の体が脅えたようにビクッと反応しました。怖気づいた目をしながら改めて口を開きました。


「・・・・・・・なん・・・・・・ないっ・・・」


またしても聞き取れず。私はだんだんイラついてきてその男に対して憤りを感じてしまいました。


私「なんだよっ!用があるんだったら早く言いやがれ!!」

男「決し・・間ち・・・なん・・・じゃ・・・・ないっ!」

私「早く言えやっ!この剥けチン野郎がぁぁっっっ!!!」


すると男は初めて私の目を見つめました。じっと。それは何かを決心したかのように。



そして・・・




衛宮「決して、間違いなんかじゃないんだからっ!!」

































1139633162644029.jpg













~TRUE END~

  1. 2008/05/05(月) 01:34:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

坂を越えて鳥のように高台へとスピード上げて

憎きラガッツです。こんばんは

はい、ということでやっちゃいました。

PS3


ついにプレステ3を購入です。
うちの2大マスコットと共にその美しいフォルムが写し出されていますね。
これで最先端のゲームをプレイすることができるようになったわけです。
まだソフトねーけどな!
誰かブルーレイ版のAIRでも貸してくれねーかな。

メタルギア4をまず最初に買うつもりだったんですが発売日は6月らしいので、
その前になんか適当に遊べるゲームを買ってもいいなと思っています。
ていうか試してみたいので絶対買います。
ポーパスよ、シブいソフトを探しておけ。

とりあえず今は仕事帰りで眠いので、ちょっと寝たらジョーシンにHDMIのケーブル買いに行こ。

短いですけど今回は勘弁な。
また来週!
  1. 2008/05/04(日) 12:55:11|
  2. 画像付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

お知らせ

ラガッツよりお知らせです。
携帯で更新できることを初めて知りました。
でも今は会社で泊まりなので昼頃ちゃんと更新します。
しばしお待ち下されーー!!
  1. 2008/05/04(日) 01:52:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狂気の沙汰ほど面白い

こんばんわ。ポーパスです。

明日から夢のゴールデンウィークですね。
皆さんは何か予定があるのでしょうか。
私は色々な場所に行く予定がありますが基本は家でエロゲーです。
とうとう『11eyes』が発売されましたからね。明日からやりはじめますよ。

今回はどうなんでしょうか。紹介文を見ると前回からの続きではなさそうですね。
前作の『3days』はかなり面白かったので正直言ってかなり期待しています。
期待しすぎると駄目って分かっているんですがこれは期待せざるを得ないです。
それほど前作のインパクトが強かったのです。

ではどういった内容かというと、口にバイブみたいなのを詰めたおっさんが殺しに来る話です。
しかもその一番悪役のバイブ親父の声優がベジータと同じであるという。

ね?
おもしろそうでしょう?

未プレイの方は是非プレイしてみることをオススメします。
ただし結構グロイシーンがあるので耐性がない方はやめておいたほうがいいかもしれません。
エロも期待していいですよ。ただし陵辱系がメインだったような覚えがありますのでご注意を。


今年は色々なゲームが出てますね。
もうすぐリトバスエクスタシーも出ますし、今年のランキングが気になるところです。
果たしてどの会社がトップに躍り出るんでしょうかね。楽しみです。


昨今のエロゲブームに乗っかって、そろそろ私たちがゲーム会社を作る時代が来たみたいです。
実はこの話は3年ぐらい前から計画されているんですが一向に話が進まないのです。
もうシナリオとかも大方出来上がっていて、会社名とかも決定しているのですが誰も先人切って話を進めません。
ま、その理由としてはただ単に面倒くさいからなんですけどね。


先ほど少し触れましたが会社名はももう決定してます。

せっかくなんでここに発表させていただきます。



株式会社『おばあちゃん』



どうです?すばらしいでしょう?
きっとこれはTYPEMOONを超えるほどの会社になりますよ。間違いない。
完璧だよ、これは。ちなみに売り上げはWindows XPを超えるって予測しています。
あ、もちろんエロゲの会社ですよ。全世界が感動するゲームを作って見せますよ。



無理か…はぁ…



※関係無いですが動画紹介しておきます。
 はっきり言いますがかなり感動しますよ。泣きますよ。うんこでますよ。



  1. 2008/05/02(金) 21:42:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

それがいつかしがらみになってくなんて

なんともラガッツです。こんばんは

ここ最近で何本か話題の新作ゲームが発売されましたね。
もう相当長い間エロゲーをやっていない僕ですが、気にはなっています。

まずポーパスさんとドッグスターが待望していた『CHAOS;HEAD』。
連続猟奇殺人の予言が主人公のもとに送られてくるといった結構グロイ系の話です。
ドッグスターはNitro+のファンということもあって早速プレイしている様です。
僕は基本恐いのに弱いのでこれもやると割とビビるかもしれません。
しかしまああの『沙耶の唄』を越えることはないでしょう。
あれはほんとに恐グロかった。でもすげーおもしろかった。

それと同じく彼等注目の『11eyes』。
これはLassの新作なんですが、数年前に『3days』というゲームがあったんですよ。
3daysは発売前に僕が発見し、これはかなりおもしろそうだ、と思ったものです。
そしてドッグスターにも教えて、2人でプレイしていたんですが、
彼のあまりの無限プレイのせいでどんどん先を行かれてしまい、
おまけに登場する殺人鬼の仮面野郎のあまりのびっくりさせる攻撃に嫌気がさし、投げ出しました。
その後ポーパスさんもプレイしているので、一応全員やったことになります。
今作が3daysとどういう関係を持つのかは分かりませんが、
タイトルの形式からしても何か深い関連があるような気がします。
あっても僕にはわかりませんがね。

そしてきゃんでぃそふとからは『つよきす2学期』。
つよきすといえば今や誰もが知る超有名ソフトですよね。
あれが発売されたのももう3年前・・・
当時学生だった僕はいつものようにTECH GIANを読んでいました。
そしてつよきすの特集ページに目がとまったのです。
「こ、これは・・・」
僕の心に謎の衝撃が走りました。
その衝撃が何だったのかは未だに分かりません。本当に分からないんですよ。
基本僕はストーリー派なので、こういう楽しい学園生活系のゲームはやらないんです。
しかしこれだけは異様に脳にはりついて、はなれなかったんですよ。
なので僕はHPなどもチェックしだしました。
そしてOPムービーが配布され、それを見た時に全ては終わりました。

「な・・・なんて楽しそうなんだ・・・」

それは今までの衝撃が赤子に思えるほどの衝撃でした。
その稲妻を僕に走らせた要因はただ2つ。
カニと曲です。

それまでは結構乙女さんがいいなーなどと思っていたのですが、とんだ勘違いでした。
カニの愛くるしさは殺人レベルでした。
もうカニ以外どうでもいいやって感じでしたね。

そしてOP曲の「Mighty Heart」。
最高に心を躍らせるメロディ、そして恐るべき中毒性。
やはりI'veは半端じゃねえ、と痛感しましたね。
その日から発売日までムービーの曲だけ取り出して無限ループで通学中に聴いてました。
何を隠そうこのサイトの名前もこの曲のサブタイトルから来てますからね。そんくらい好きなんですよ。

この2つの要素が組み合わさったOPムービーは僕にとって神でした。

そして発売日当日・・・
僕はその謎の衝撃を信じて、つよきすを購入したのです。

自分でも信じられませんでした。
まさかこんなものを買うことになるなんて、と。
実際友人のとも君にも「買ったのかよ!」と驚かれたもんです。

でも僕の直感は正しかったんです。
まさかあそこまでおもしろいとは思いませんでした。
アホみたいにプレイしてガンガンクリアしていきましたからね。
初日なんてもうカニルートを攻略してた以外に記憶はありません。
これは本当に最高のゲームでした。

で、話は戻るんですが、それの続編がでたんですよね。
でも結論から言います。買いません。
なぜなら・・・

シナリオも原画も違う人になってしまったからです。

あのなぁ・・・
ナメんじゃねえぞ!!
かなり絵は似てるけどカニっちが全然可愛くねえんだよボケ!

ほんとに最初聞いたときは絶望でしたよ。
またあの楽しさが味わえると思ったのに・・・
ほんとにやってくれました。
向こうの事情も分かっていますが、それでも許しがたいですね。
もう2度と楽しいつよきすには会えないんですから。



と、いうことで僕的には新作はどれもパッとしないという結論で終了したいと思います。
長々と語っておいてこれかよって感じですけど仕方が無いです。
また素晴らしい新作がでるのを待ちましょう。

それではさようなら。
  1. 2008/05/02(金) 05:35:32|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

弱者に残される選択肢は三つ。搾られる奪われる・・・殺されるっ!

約2週間ぶりの更新です。ポーパスですこんばんわ。

みなさんお久しぶりです。
初めに謝っておきます。本当にすいませんでした。

今日久しぶりにこのサイトを覗きました。
正直言って人が全然来てない過疎状態になっているだろうという懸念を抱きつつ。
しかしまったく更新していなかったにもかかわらず訪問者様が沢山いたことに感動いたしました。
私たちのサイトを毎日覗きに来てくれる人がいるという事実が、茨の鞭となり私の心に絡み付いています。
今回更新できないのが続いたのは完全に私の私情です。
せめて前もって代理を頼んでおけばこんなことにはならなかった、という自責の念でいっぱいです。

くどいですがもう一度言います。
更新を楽しみにしていてくれた方、そしてラガッツさん、本当にすいませんでした。


さて、ではなぜこんなに長い間更新できなかったの?と疑問に思った人もいるかと思います。
それなんですが、実は私、親戚間でのトラブルに巻き込まれてしまったのです。

少し重い話になってしまいますがご勘弁を!


事の発端は今から約2週間前、私の叔父が他界した事から始まりました。
故人は和歌山県に住んでいたので、両親と姉と共に和歌山まで行ってきました。
通夜と葬式を済まして、さあ帰ろうかという時に問題が発生しました。

相続問題です。
詳しく書くとものすごく長く意味不明になりますし、
あまり書きたくない内容もありますので割愛します。

叔父は結構な資産家で土地などの財産を沢山持っていました。
それをどのように分配するか、ということで揉めに揉めました。
いきなり殴り合いが始まったり、つばを掛けられたり、包丁を投げられたり。
冗談のように聞こえますがマジです。実話なんですよ。
金が絡んだ人間の汚さというものを改めて思い知らされましたね。
これらのことが大体10日ほど延々と続きました。

と、他にも色々と話の決着を付けに行ったり、書類等の申請とかの手伝いをしたりで
心身ともに疲弊しきっていたので、こうしてブログを更新する暇がなかった、というわけです。

かなり端折って書きましたが、ざっとまとめるとこんな感じです。
ホントに私事で更新できなくて申し訳ない。これからはちゃんと更新しますので宜しくです。


さあ、こんな暗い話はもうお終いにしましょう。話を変えますね。

最近良く登場するドッグスターの話です。
彼はニトロプラスの最新作の『Chaos Head』をクリアしたとかほざいてました。
速いよ。お前いつも速すぎるんだよ、ヴォケがっ!!
それで感想を聞いてみたんですがイマイチといっていました。
彼の感想は全く当てにならないのできっと相当面白いゲームなのでしょう。

ドッグスターは私たちの中では、速さにとても定評があります。
それは先にも述べたゲームのスピード、日常生活、さらにオナニーまでとかなりの超人ぶりです。

中でも特筆すべきは鼻を噛むスピードでしょう。
その速さはもう光の速度にまで達していると推測されています。
彼は昔から極度の花粉症で、部屋の中はティッシュで溢れかえっていました。
酷いときは10秒に一回ぐらい鼻を噛みます。もう死んだほうがいいでしょう。
とはいっても速すぎてその姿は全く見えないんですけどね。一瞬顔がプル、ってするだけですから。

そんな彼も来月で22歳の誕生日を迎えます。
去年は色々なトラブルが相まって祝うことが出来なかったので、今年は盛大にやります。

というわけで今年のプレゼントをいくつかピックアップしました。
しかしどれがいいのかがわからないので皆さんの助言を戴きたい。


1.インスタントカレー

2.注射器(肛門用)

3.カテーテル

4.1~3全部


じゃ、みんなの意見、楽しみにしてるぜ!!

これからもこんな感じで更新していくぜ!じゃあなっ!また来週!!
  1. 2008/05/02(金) 04:14:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お返しに私から踊れるナンバーを差し上げるわ

てっとりばやくラガッツです。こんばんは

やべえ。変な時間にカレー食ったから腹いっぱいだよ。
でもカレーはいつ食ってもうまいなあ。
カレーパンは嫌いだ。(嘘)

もう5月に突入してしまいましたね。
ほんとに時が経つのははえーや。
年をとるごとにこの感覚は早まっていくような気がします。
おそらく100歳まで生きたら20秒くらいで1日が終わるのでしょう。

ていうか休みの日って1日がすごく短くないですか?
僕は今日まで夢の3連休だったんですが、全く長い気がしませんでした。
やっぱ仕事の日の方があまった時間を大事にするからかな。
なんせ明日からまた仕事なんで適当にいこうと思います。

今日はとても大きな動きがありました。
それが何なのかは今は言えませんが、3~4日以内に発表できると思います。
まあちょっと本気だしたってことですよ。

後さー、これを見てくれよ。
コアドリル


や ば く な い か ?
そう、コアドリルですよ。
昨日タナカルさんとメッセで喋ってる時にオークションで見つけたんですけどね。
これはリアルに欲しすぎる。
胸からかけていたいよ。
ただ僕はヤフオクの会員になっていないので、明日頑張ってみようと考えています。
どうか間に合ってくれ!!



なーんて特に休みに特に何もなかったので最近の様子だけ綴ってみました。
そうこう言ってるうちに2時だもんな。
ほんとに残酷すぎるよ。
とりあえず明日も早いんで寝ますね。
また来週~
  1. 2008/05/01(木) 02:04:01|
  2. 画像付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ある日の掲示板

掲示板

プロフィール

ポーパス&ラガッツ

Author:ポーパス&ラガッツ
僕は・・・熱をとりもどす


何かご要望があればこちらまで→takahiro.legal@hotmail.co.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (190)
黄金時代 (6)
小説っぽいの (12)
レビュー (20)
体験談 (34)
キチガイ日記 (9)
画像付き (24)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすさと商品

>

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。