精神疾患一歩手前のポーパス&ラガッツのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハルヒ「どうしよう…」

凄まじい焦燥感が涼宮ハルヒを襲う。

灼けるような真っ赤な夕日が心地よい放課後、
文学部室には異様な臭気が漂っていた。
それは、夕日に包まれた美しい風景をも瞬時に破壊するほどの威力だ。

そう。ハルヒは部室に入ると同時に、うんこを漏らしたのだ。

ハルヒ「どうしよう…」

ハルヒはこの状態を如何にして切り抜けるか、頭脳をフル回転させていた。
あともうすこしで他の部員がやってくる。
それまでにこの状態を打破せねばならない。

SOS団の団長ともあろう者が、学校でうんこを漏らすなどありえないことなのだ。
さまざまな方法を思案するが、すでにパニックに陥ってしまった自分の脳などクソの役にもたたない。

ハルヒ「だめだわ、こんな状態じゃ。まずは冷静にならないと」

しかしこんな状態でも、ハルヒはまだ諦めてはいない。
こんな醜態をさらすぐらいなら、いっそ自害したほうがいい。
プライドが人一倍高い彼女からすれば、そう考えるのは当然のことだった。

時間にして1分ほど経っただろうか。
段々とハルヒは落ち着きを取り戻し始めた。
彼女は、もともと逆境には強い少女だった。

ハルヒ「そうね。まずはこの汚物をなんとかしないとどうにもならないわ。」
ハルヒ「けどどうやって処理すればいいのかしら。ティッシュもなければ袋もないし……はっ!」

刹那、彼女の頭の中に稲妻が走った。
この戦略ならば、間違いなくこの状態を切り抜けられる。
この戦略ならば、間違いなく自身の矜持を保ったままでいられる。

彼女は安堵する暇もなく、実行に移すことにする。
時間は待ってはくれないのだ。

ハルヒ「いくわよ…」



夕日が差し込む真っ赤な文学部室。
そこには必死の形相でうんこを食べる涼宮ハルヒの姿が!!


スポンサーサイト
  1. 2009/02/16(月) 05:22:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<正直更新するのが久しぶりすぎてうんこ出そうだったけど本気出してこらえた。けど出た | ホーム | ちぃ!やっとルーターが直ったぜ>>

コメント

この小説の販売はいつからですか?

1500円までなら出そう!

  1. 2009/02/17(火) 22:40:33 |
  2. URL |
  3. §ギコエル§ #-
  4. [ 編集]

官能小説と言うよりフェチな小説ですねw
  1. 2009/02/23(月) 01:44:47 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E
  4. [ 編集]

あの・・・なんですかコレww
ハルヒ厨の人が来たら叩かれますよ・・・
  1. 2009/02/26(木) 01:48:46 |
  2. URL |
  3. レオナ #-
  4. [ 編集]

>すでにパニックに陥ってしまった自分の脳などクソの役にもたたない。

だれうまw

毎度毎度、文のレベルに驚きます
  1. 2009/04/08(水) 22:59:29 |
  2. URL |
  3. 影武者@わふー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://popasblog.blog26.fc2.com/tb.php/244-f07d0e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ある日の掲示板

掲示板

プロフィール

ポーパス&ラガッツ

Author:ポーパス&ラガッツ
僕は・・・熱をとりもどす


何かご要望があればこちらまで→takahiro.legal@hotmail.co.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (190)
黄金時代 (6)
小説っぽいの (12)
レビュー (20)
体験談 (34)
キチガイ日記 (9)
画像付き (24)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすさと商品

>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。