精神疾患一歩手前のポーパス&ラガッツのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何もかもが歪んだ世界で唯一信じれるここが救いだった

ここぞとばかりにラガッツです。こんばんは

昨日は更新できなくてすみません。
台風のせいで電車が止まるかもしれないから早く会社に来てくれって言われたんですよ。
しらねえよ!電車止まったら泳いででも行ったるわ!
そんな訳で会社に向かうため、晩の8時半頃には家を出ました。

「全く…明日の朝まで働かなきゃいけないってのに。こんなことならもうちょっと寝とくんだったぜ。」

そう、僕はメシ食ってからちょっと寝ようと思っていたのでとても眠かったのです。
台風パワーで到着便が少なかったのがせめてもの救いでしたね。
でも勤務時間が長いのは変わりありません。最後のほうは大分きつかったです。

そんなこんなで仕事が終わった僕は、電車に乗るなり眠りこけてしまいました。


そして事件が始まる…



それは僕の愛しの最寄り駅、高石駅まであと僅か、というところでした。

ドスン!!

僕はすごい衝撃に目を覚ましました。
どうやら今しがた電車に乗ってきた奴が、思い切り激しく僕の横の椅子に座ったようです。

(ちっ…!相変わらず常識ねぇ馬鹿が多いな…)

真横に座っているので顔は見れませんが、おそらくおっさんでした。
僕は安らかな眠りを妨げられたことで苛立ちを覚えていたのです。
しかしその場でおっさんを粉々にする訳にもいかないので、僕はもう一度目をつぶりました。

(ああムカつくぜ。偉そうに座りやがってよ…)
(このままじゃ何かこっちが負けたみてーな気分で終わっちまうじゃねーか…)
(させねえ…そんなことは絶対にさせねえぞ…)
(どうにかしてこいつに敗北感を植え付けて勝ち逃げしてやる………そうだ…!)

僕は最高の復讐を思いついたのです。

(次はもう高石だ。電車を降りる直前にめちゃめちゃキモい顔でおっさんをおちょくってやろう…)
(どんなに悔しかろうが気づいた時にはこっちはもう扉の向こうだ…)
(くくくくく…我ながら恐ろしい作戦を考えたものだぜ…)

今になって考えると低学年の子がやりそうな仕返しですが、殆ど夢の中の僕にはそれが精一杯でした。



そしてついに電車は高石駅に到着しました。
僕は電車を降りる為に席を立ちます。
もちろん勝負の瞬間でもあります。

(じゃあなクソ野郎…!これで俺の勝ちだ!くらえ…!)

バッ…!!















―――――瞬間僕は敗北を悟り、そして全てを理解しました



(ああ…今日も………暑い一日だ……)


そこには勝ち誇った顔でこちらを見るポーパスさんが座っていました。

                                       END
スポンサーサイト
  1. 2011/09/04(日) 04:47:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いつの間にか10,000ヒットしてました。 | ホーム | 台風が接近中!気をつけて死ね!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://popasblog.blog26.fc2.com/tb.php/267-5066d0a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ある日の掲示板

掲示板

プロフィール

ポーパス&ラガッツ

Author:ポーパス&ラガッツ
僕は・・・熱をとりもどす


何かご要望があればこちらまで→takahiro.legal@hotmail.co.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (190)
黄金時代 (6)
小説っぽいの (12)
レビュー (20)
体験談 (34)
キチガイ日記 (9)
画像付き (24)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすさと商品

>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。